<   2009年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「打放しコンクリートと共に」 その(81)

こんにちはpikayoshi72です。

 今回は月刊建築仕上技術2001年7月号特集:打放しコンクリートの美観向上と保護、「打放しコンクリートの美観向上最新技術」を2回に分けご紹介します。
本日はその前編「1.はじめに」から「3.新築時における施工技術」までをご紹介します。
e0030813_7155726.jpg

1.はじめに
 厳しい経済状態が続く昨今、公共建築物、テナントビル、マンションや住宅などの管理者・所有者に隔てなく求められるものは、コストを抑えた高品質の建築とローコストの維持管理である。
 1960年代に始まる鉄筋コンクリートの建築ラッシュと並行して、スクラップアンドビルドを繰り返したバブル期を経て、打放しコンクリートにおいても健全な維持管理を支える保護材の必要性が認識され、近年においては高レベルの仕上げ技術と長耐久性付与が両輪となっている。そのニーズに応える最新の新・旧打放しコンクリートの美観向上、維持保全と長耐久性技術をその施工事例とともに紹介する。

2.表層面の汚染付着防止技術
 コンクリートの打設は、下層階から上層階へと打ち継いでいくために、上層階を打設する際のセメントノロ・錆汁等が流下し、下層階に付着することが多く、時間の経過とともに表層面に浸透し、除去が困難になる。こうした汚染物の付着は、痕跡を残し建物の美観にも大きな影響を与える。
 これを防ぐための手段として、これまでは型枠脱型後に表面をビニールシート等で覆い上層階を打設する方法で進められてきた。この様な養生は、汚れの付着防止が不完全であるばかりか、養生シート内部に湿気が停滞し、通気性を遮断するためコンクリートの乾燥固化が阻害され、表面を斑にすることがある。
 此等の問題点を改善すべく打放しコンクリートの表面養生・保護対策として変性エチレン系樹脂を主成分とする汚染付着防止剤(ガードシーラー)の塗布があげられる。本汚染付着防止材は、セメントノロ・錆汁等の付着防止に特に効果があるとともにコンクリート内部からの通気性を遮断することなくコンクリートの乾燥養生にも全く影響を与えない。
 また、塗布するにあたり、特別難しい作業ではないことから作業性、安全性、及びコスト面からも大きな効果が期待できるものである。
e0030813_7162472.jpg

3.新築時における施工技術
 冒頭でも触れたとおり、近年においては打放しコンクリート建築の長期にわたる良好な維持管理を目的に高品質な仕上げ材を施し、耐久性・耐候性を持たせることが当然のことと認識されてきた。
 その一方で、ジャンカ、コールドジョイント等に代表される不具合箇所の処理については、最も技術を要する反面、予算的な処置が乏しく十分な対応がなされない。
 一時的避難手法として、多くの場合不具合箇所にモルタルを埋め戻し、修整に技術的な要素を省き、安易なカラー塗装で補修跡と生地肌まで隠蔽するケースが多い。少なくとも打放しコンクリートは、表層面を活かしたカラークリアとすべきで、意匠的観点からもカラー塗装は避けるべきである。コンクリートが持つ肌合いを活かす意匠仕上げが、打放しコンクリートの存在感を高める本来の姿である。
 その技術の一部を図1「新築時における施工技術のフローチャート」に示す。
e0030813_7164679.jpg

 次回は同じく月刊建築仕上技術2001年7月号特集:打放しコンクリートの美観向上と保護、「打放しコンクリートの美観向上最新技術」の後編「4.改修時における施工技術」、「5.まとめ」を紹介します。

 さてこの年の重大ニュースは、2月9日、米ハワイ沖で、愛媛県宇和島水産高の実習生らが乗った実習船えひめ丸が、急浮上してきた米海軍の原子力潜水艦と衝突して沈没し、9人が行方不明になった原潜事故が発生。船体は10月に引き揚げられ、8人の遺体が収容されました。森首相は、事故当日第一報を受けた後もゴルフを続けたことを批判されてました。何ともはや、一国の主が情けないことですね!

それでは次回をお楽しみに!

打放しコンクリートについてもう少し詳しく知りたい方はこちらへどうぞ!
[PR]
by pikayoshi72 | 2009-07-27 07:18 | ブログ

「打放しコンクリートと共に」 その(80)

こんにちはpikayoshi72です。

今回は月刊建築仕上技術2000年7月号工文社創立25周年・創立300号記念企画「新・リニューアル市場の創出」、「3.外壁リニューアルのための技術開発動向」の後編「8.築後の経緯と改修の実例」から
「12.改修後の維持保全状況」をご紹介します。

築後の経緯と改修の実例
 既に改修工事内容及び手順等の改修事例は小社にて数多く発表されているので省略し、改修後10年余り経過した静岡県庁東館にスポットをあててみた。静岡県庁東館は1970年5月完成、中部建築賞を受賞した著名な建築物である。㈱日建設計による設計で打放しコンクリート仕上げで高層建築の地下1階地上18階である。築後19年経過した1989年、外装材は劣化し、特に打放し表層面の防水塗膜の性能低下、ひび割れ、不具合箇所の補修モルタルの浮きなどが発生、また高層のため適時適切な処理が出来ず構造体に悪影響を及ぼす恐れが出てきたため改修を実施したものである。なお、打放しコンクリート以外の外装工事については割愛した。参考までに改修前の打放しコンクリートの劣化症状を各々の調査結果に基づいて記した。(写真1,2)
e0030813_8111936.jpg

建築概要
構造    鉄筋コンクリート造 地下1階地上18階
外壁    柱・梁型打放しコンクリート仕上げ
面積    12,100㎡  高さ64.55㎡
建築面積  3,684.4㎡
改修年月日 1989年7月~1990年3月
改修工法  打放しコンクリート若返り工法(特許・吉田工法)


劣化部調査
 調査に先立ち足場を18階まで全面にかけ、落下防止のため水平防護棚を垂直に設置し防護シートを設けた。
調査項目は、a)ひび割れ
      b)露出鉄筋
      c)コールドジョイント
      d)木コン跡
      e)コンクリート欠損箇所
      f)中性化深さ測定
      g)コンクリート圧縮強度
      h)かぶりコンクリート厚さ測定
      i)在来塗膜付着力試験
 上記調査結果を外壁調査報告書にまとめた。調査結果に基づく項目に従い、全項目集計表を作成した。次に集計表より、欠損部のマーキング図を作成、各階各面を図面上に明記した。
 調査結果を表で示す。調査方法は割愛した。
中性化深さ測定試験
躯体コンクリート圧縮強度試験
鉄筋のかぶりコンクリート厚さ測定結果
付着力試験結果(既存塗膜の表面処理後の付着力試験)
不具合箇所全項目集計表
e0030813_8122226.jpg

以上の調査結果に基づいて改修工法の選定をした。

11.改修工法の選定基準
1.打放しコンクリート仕上げに付着した各種の汚損物質を表層面を害することなく洗浄または除去できる。
2.補修用モルタルは耐久性があり、鉄筋やコンクリートと付着良好で、一体化し環境作用による材料に有害な変形がない。
3.仕上クリアは塩分・水分やガスなど腐食要因を遮断、超耐候性防水性能を有している。
4.長期のフリーメンテナンスが維持できる。
5.意匠性の復元と超耐久性の付与が可能である。
 以上の条件をクリア出来ることが選定基準として示された。
本工事に供した打放しコンクリート仕上げの改修技術の特長は下次の通り
DD-エラスティック工法(バイパスクラック再発防止工法)
NY-調合樹脂モルタル・NY-エラスティックフィラーの採用
型枠模様復元造成
超耐候性防水材(NY-9090アクリルシリコン樹脂系)

12.改修後の維持保全状況
 改修後10年余り経過した2000年5月、目視調査をした。表層面の防水塗膜、クラック補修ヶ所のバイパスクラックの発生、汚れの付着や補修モルタルとの変形、剥離、変色など劣化損傷を示す現象は皆無であった。特にNY-エラスティックフィラーは躯体の伸縮挙動に追従する性能を有し、NY-9090アクリルシリコン樹脂系の超耐候性を支え、工法、材料の適格性が示され、健全な打放しコンクリート仕上げの表層面を維持している。(写真-3)
e0030813_813894.jpg

コメント
静岡県総務部庁舎整備室長 柳原利康氏談
 改修後10年余りになるが、維持保全には多大な関心をもって接しているが現在のところ打放しコンクリート仕上げに関してはフリーメンテナンスで来たが全く問題は生じていない。防水塗膜も健全で汚れの付着も認められず良好な状況である。
参考文献
地濃茂雄・吉田晃「打放しコンクリート表層面の維持保全に関する提案」
コンクリート工学年次論文報告集 Vol.19.No.1.1997
建築保全No.72吉田晃外装の補修・改修例
静岡県庁東館外壁改修工事
打放しコンクリート若返りシステム(特許・吉田工法)

次回は同じく月刊建築仕上技術2001年7月号特集:打放しコンクリートの美観向上と保護、「打放しコンクリートの美観向上最新技術」を紹介します。

さてこの年の重大ニュースは、1月28日、1990年11月から新潟県三条市内で行方不明になっていた19歳の少女が9年ぶり発見され、新潟県警に保護された。無職男性(37)宅で暮らし、外に出られなかったという。折しも新潟県警本部長はこの夜、特別監査に来ていた関東管区警察局長らと温泉ホテルで宴席を持ち、麻雀に興じていたことが明らかになり26日、国家公安委員会と警察庁は本部長を減給の懲戒処分にし、3月2日、警察庁長官を減給の懲戒処分としました。何ともはや情けない事ですね!

それでは次回をお楽しみに!

打放しコンクリートについてもう少し詳しく知りたい方はこちらへどうぞ!
[PR]
by pikayoshi72 | 2009-07-20 08:14 | ブログ

「打放しコンクリートと共に」 その(79)

 今回は月刊建築仕上技術2000年7月号工文社創立25周年・創立300号記念企画「新・リニューアル市場の創出」、「3.外壁リニューアルのための技術開発動向」を2回に分けご紹介します。
本日は前編「築後の維持保全の現状」から「STEP2」までを』ご紹介します。
e0030813_7193743.jpg

 脱型した打放しコンクリートは、躯体そのものが仕上げであると同時に仕上げ表層面は、直接多様な環境作用を受け次第に劣化へと繋がっていく。
 施工者から所有者への、竣工後の打放しコンクリート仕上げの維持保全に関する具体的なマニュアルなどは用意されていないことがほとんどである。ある日突然頭上よりコンクリート片が剥落したなど、それを切っ掛けに表層面の汚れの付着や漏水などの不具合の顕在化が引き金となって安全性と住環境の美観の低下が認識され、維持保全への関心を目覚めさせ、補修・改修工事の端緒となっている。

1.築後の維持保全の現状
 1978年2月より1999年末までの22年間に小社が改修工事した打放しコンクリート仕上げ物件は588件である。これらの打放しコンクリート仕上げの改修に至るまでの維持保全の経緯及び実状を追ってみた。

2.経緯と実状
 冒頭記述した様に安全性と住環境の低下に起因しての調査依頼が維持保全へのスタートである。調査に先立ち所有者に築後どの様なメンテナンスをしたか聞いたところ、コンクリート片の剥落による人身事故が心配される事態となって、はじめて維持保全の重要性を認識したまでで、築後、現在まで一切手を付けたことがないと言うケースがほとんどであった。いわゆる無関心のフリーメンテナンスである。
 一方、設計者・施工者による維持保全に関する日常的なケアや予測される劣化症状など具体的なアドバイスや改修例などの説明は少なく、その都度、発生した不具合には取り敢えず応急手当程度に留めているのが実状である。所有者の一般的な認識としては“打放しコンクリート仕上げは堅固で劣化損傷など次世代の問題で念頭にない”と言ったところである。どの様な建築物であっても劣化損傷は避けられないもので、定期的な保守点検は不可欠である。この点打放しコンクリート仕上げ特有の表層面の意匠性や耐汚染性など、保護するための健全な維持保全対策は、今日の低成長時代にあってはより重要であり資産価値の点から言っても今後の課題である。

3.経過年数と劣化症状
 築後、経過年数の短いものでは5~7年以内で改修を実施している。その他物件は築後15年~20年経過後が主流を占めている。
改修動機は・汚染物の付着が目立ち始めた(5~7年以内の施工物件)
・ひび割れからのエフロレッセンスの析出と漏水
・鉄筋の露出と錆汁の付着
・コンクリート片の剥落
などが主なものである。かぶり厚さ不足による鉄筋の錆化膨張と、それに伴うコンクリート片の剥落は居住環境の安全性が阻害され、同時に美観の低下が追い打ちをかける。この様な症状の発生は、打放しコンクリート仕上げの劣化を示す徴候で、加速度的に不具合箇所が拡大する前兆でもある。

4.築後の維持保全の前提
 維持保全の前提として考えられるのは、健全な打放しコンクリート仕上げであること。そのためには企画・設計の段階で、関係者による打放しコンクリート仕上げのライフサイクルの設定が求められる。

5.打放しコンクリート仕上げのライフサイクルの提案
 打放しコンクリート仕上げの維持保全の課題を解決する案として次のように提案する。
 美観と耐久性を確保するための表層面の仕上げを設計・施工段階より明確にし、それに対応すべき表層面の仕上げシステムを構築する。即ち打放しコンクリート仕上げのライフサイクルを設計・施工・維持保全に大別し、それに対応すべき仕上げシステムの概要を図1に示す。
 図中に示されるように打放しコンクリート仕上げを企画・設計から竣工まで施されるべき仕上げをSTEP1,築後の経年・改修期に施すべき仕上げをSTEP2とした。
e0030813_720321.jpg

6.STEP1
 フロチャートを図2に示す、新築時の脱型時点から耐久性向上のための仕上げまで、一貫性をもたせ設計施工段階では予測不可能な不具合、豆板、コールドジョイント、色ムラなどの発生に対して合理的に対応処置するものである。最終工程の仕上げは、美観の長期的維持耐久性の向上を計る。
e0030813_7212155.jpg

7.STEP2
 フロチャートを次項図3に示す。築後の経年劣化の程度に応じて分別する。劣化が軽度の場合には汚染物の除去を主とした素地調製の上仕上げを施し耐久性を付与する。これに対して、中度・重度の場合には珪フッ化物を主成分とした強化剤をコンクリートに塗布含浸して表層面の強化を図り、次いで劣化部を充填材により処理する。重度の場合には、さらに中性化抑制剤を塗布したのちに、型枠模様を復元し、長期的維持と耐久性の向上の観点から表面仕上げを施す。
e0030813_7214764.jpg

 次回は月刊建築仕上技術2000年7月号工文社創立25周年・創立300号記念企画「新・リニューアル市場の創出」、「3.外壁リニューアルのための技術開発動向」の後編「8.築後の経緯と改修の実例」から「12.改修後の維持保全状況」を紹介します。

 さてこの年の重大ニュースは、3月8日午前9時1分頃、営団日比谷線脱線衝突事故が発生しました。帝都高速度交通営団(営団地下鉄、現東京地下鉄)日比谷線において発生した、列車脱線事故である。死者5名、負傷者64名を出した。事故発生の原因として推定されるものは、左右車輪にかかる重量の不均衡(輪重比)が30%に及んでいても放置されていたこと、事故が起こった箇所は半径160mの急カーブであるにも関らず脱線防止ガード(ガードレール)が無かったこと、などが挙げられており、複合的要因により発生した事故だとされている。そのため、いずれか1人に刑事責任を負わせる事はできないとされ、また保線関係者5名が管理限界を超える線路の狂いを放置したとして送検されていたが、不起訴とされた。

それでは次回をお楽しみに!

打放しコンクリートについてもう少し詳しく知りたい方はこちらへどうぞ!
[PR]
by pikayoshi72 | 2009-07-13 07:25 | ブログ

「打放しコンクリートと共に」 その(78)

こんにちはpikayoshi72です。

 今回は建築知識1999年11月号、「打放しコンクリートの補修方法と『仕上げ』」を読み切りでご紹介します。
e0030813_7165319.jpg

打放しコンクリートの本音と建前
 汚れる・冷たい・耐久性が低い・施工に神経を使う・メンテナンスが大変・コンパネ、剥離剤に変わった今も、ジャンカとクラックとコールドジョイントの恐怖に脅かされながら、建築家の心をとらえて離さない。そして、何故か日本的な空間の表現を可能とする。この文章は日本建築学会「建築雑誌」92年2月号の扉に掲載されたものを抜粋引用したものである。
e0030813_7173012.jpg

 打放し工事現場では、施主・設計者とゼネコンなど関係者の共通認識は、完璧な打放しであり、厳しいけれども建前として通している。そのため、打放しに生じた不具合に対する予算処理がなされていない例が多く、現場担当者はやり場のない苦悩をかかえこむことが多い。冒頭の建築学会誌の巻頭言は正にこのことを現場に変わって訴えたものではないかと思う。

■補修工事と仕上げ工事の差異
 ほぼ40年余り打放し補修と仕上げは一体化したものとして、下地補修から最後のトップコート塗布まで一貫して施工する事が行われていた。しかし下地補修は、施工内容からして、左官工事に類し打放し表層面の仕上げとは、施工内容が全く異なると言ってもよい。一例として、打放し表層面に色合わせしたポリマーセメントモルタルを充填補修することが一般的に知られているが、まもなく自然環境の影響を受けて補修ヶ所が歴然として際立ってくる。ここが補修と仕上技術の異なるところで、自然環境に対応した仕上材料と復元技術が左官工事と大きく違うところである。

■下地補修方法の紹介
 打放しに生ずる不具合ヶ所は、大旨次のような症状があげられる。豆板・空洞・気泡・表面剥離・化粧目地の歪み・リブ角・角の欠け・錆汁の付着やコールドジョイントなどがある。これらを補修するためのプレミックスモルタルは、市販品で十分である。次に補修について簡単に述べる。

①豆板(ジャンカ)
 豆板(ジャンカ)は、補修範囲を広げないために穴埋めする要領でジャンカ部分のみをモルタルで充填する。充填したモルタルは、健全な躯体コンクリートと平滑になるように仕上げをする。
②気泡(ピンホール)
 直径5㎜程度以上の気泡(ピンホール)を対象に補修範囲を広げないために穴埋めをする要領でピンホールのみをモルタルで充填する。周囲のコンクリートに付着したモルタルは、硬化前に除去し躯体コンクリートと平滑になるように仕上げをする。
③化粧目地(リブ)角及びピン角(出隅)の欠け
 化粧目地角の欠けは、目地棒を設置しモルタルにて修復後、角部分がシャープになるようにまた、躯体コンクリートと平滑になるように仕上げをする。
④錆汁の付着
 錆汁の付着した躯体コンクリートは、ケミカルエースRまたはケミカルエース・1(ニチエー吉田製)等を用いた化学洗浄を行う。これらを刷毛等で塗布・含浸させブラシでこすり水洗いする。付着の程度が著しい場合は、数回繰り返し、汚れを消去する。
⑤コールドジョイント
 コールドジョイントの補修については肌分かれ(口が開いた)を伴うコールドジョイントのみをモルタルで充填する。充填したモルタルは、躯体コンクリートと平滑になるように仕上げをする。口が開いていないコールドジョイントについては、消去(表面修整)する。
e0030813_7175571.jpg

左官補修後の打放し生地仕上げ
 モルタル補修した後の不具合ヶ所の仕上方法は、選定方法による既調合修整・消去材で行う。打放し表層面に散在する不具合ヶ所の修整・消去と復元方法は次のような工程である。
 あらかじめ工場生産された5種類の既調合修整・消去材で塗工された5種類の選定プレートから構成される。打放しコンクリート表層面に点在した不具合ヶ所周辺の生地色に前述の5種類の選定プレートを比較し、類似色の修整・消去材の選定をする。
 従来、職人の熟練度と勘によって不具合ヶ所毎に生地色に合わせた修整・消去材の調合を現場に於いて行っていたが、より精度の高い仕上げの向上と合理性・経済性を求めて開発された新技術である。
①選定された修整・消去材を下地補修材の乾燥養生を確認の上、打放しコンクリート表層面に合わせてコテ塗りする。打放しコンクリート仕上面との一体化を計るため研磨剤で平滑に整える。
②修整消去ヶ所の型枠模様補正として喪失した型枠模様を特殊カラーコートで補正する。
③打放しコンクリートの毛管空隙の防水下地として、浸透性吸水防止材Aシーラー(水性・溶剤型)を含浸塗布する。(150g/㎡程度)
④乾燥養生後、塗膜型防水材NY-7090を塗布して生地の質感をキープする。
⑤高耐久性防水剤を塗布することで濡れ色・ムラや変色が生じ、不具合ヶ所を際立たせ意匠性を損なう。そのため、着色して隠蔽する方法が採用されている中、特許吉田工法は打放しの意匠性を生かすクリア仕上げによって高耐久性も同時に付与することを可能にした。

 次回は月刊建築仕上技術2000年7月号工文社創立25周年・創立300号記念企画「新・リニューアル市場の創出」、「3.外壁リニューアルのための技術開発動向」をお送りします。

 さてこの年の重大ニュースは、9月30日、茨城県東海村の民間ウラン加工施設「JCO」で国内初の臨界事故が発生しました。現場の作業員ら49人が被ばくし、県は一時、施設から半径10km以内の住民約31万人に屋内退避勧告を出しました。臨海事故の原因は作業員が工程上、マニュアルに外れた手順違反を犯したのが原因とみられ、さらに「裏マニュアル」の存在も明らかになりました。大量の放射線を浴びた男性(25歳)は被爆し、12月21日にお亡くなりになりました。

 それでは次回をお楽しみに!

 打放しコンクリートについてもう少し詳しく知りたい方はこちらへどうぞ!
[PR]
by pikayoshi72 | 2009-07-06 07:20 | ブログ