<   2008年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「打放しコンクリートと共に」 その(46)

こんにちはpikayoshi72です。

 今回は「塗装と塗料」1992年1月号、「打放しコンクリートから見た仕上材の経緯と超耐候性アクリルシリコンまで」を3回に分けご紹介します。
本日は第1回「あらまし」から「4.打放しコンクリートのその後」までをご紹介します。
e0030813_7522772.jpg

「あらまし」
 打放しコンクリートの保護仕上材の変遷と,新開発された水性アクリルシリコン樹脂エマルション(以下水性アクリルシリコンと称す)に至るまでの過去30年余の流れと,何故今アクリルシリコンか,そのルーツを辿ってみた。
 最近,コンクリート建築の早期劣化が社会問題化し,建物の資産価値の低下だけでなく,生活環境の安全性までも厳しく指摘されている。コンクリート建築の中でも,ひときわ文化的な香りのする打放し建築は,素材のもつ重厚な雰囲気と意匠性が多くの人々に好まれて来た。打放しコンクリートとはほぼ時を同じくして登場したのがシリコン撥水材で,マジックを思わせる水玉と弾き現象にめずらしさと驚きを与えた。
 当時は打放しの仕上げにシリコン撥水材を塗布することになり,半永久的な防水機能が保持されたものと思われていた。しかし数年またず防水性能は低下し,打放し表面に発生したひび割れからはエフロレッセンスが流出し,その他汚れの付着等で,その撥水効果は大きく期待を裏切る結果となった。
 このような現状に対し,新たな防水材の参入と改良改善されたといわれる新製品が上市されたが,撥水材に取って代わるだけの性能をもった防水材はなかった。
 こうした中で撥水材に代わる造膜型のアクリルクリヤーが,大いに期待され,今までにない耐候性能をもった防水材としてもてはやされた。しかし造膜型アクリルクリヤーが,溶剤型特有の打放し表面の浸透格差から生ずるムラと,コンクリートの色を濡れ色にしてしまうなど,打放しの意匠性を著しく阻害して,多くの期待を背負ったまま失意のうち姿を消した。打放し建築の防水機能の低下喪失と相まって急速に劣化汚損した惨状を間のあたりにして,防水材の果たす役割の重要さが認識された。このようなことを背景として長い間打放しに求められていたのが打放しの意匠性を阻害することのない,しかも長期にわたり防水性の保持が可能な防水材であった。
 本稿は打放し建築の防水材の変遷と,打放しコンクリートにまつわる話題を施工現場を通し駆け足で記述した。

1.打放しコンクリート建築の幕開け
 1952年アントン・レイモンド氏が設計した「リーダーズ・ダイジェスト東京本社ビル」が本格的な打放しコンクリートのスタートだといわれている。その後1960年代に入り東京文化会館,国立国会図書館など規模的に大きいものが登場し,これらがブームの始まりとなり,公共建築に多く採用されるようになった。
 打放し建築が醸し出す素朴な力強さと,剥き出しの素肌に加え環境変化に応じた千変万化の表情は建築デザインの上で,今までにない価値観を生み出したと言われている。タイル張り仕上げや吹付け仕上げとは比較出来ない野性的な打放し建築は,その空間構成を住宅や商業建設にまで拡大して多くの設計技術者の心を奪い,激しい変転と推移の中で孤高の姿を保ち続けている。

2.打放しコンクリートの現場
 打放しコンクリートは,名称の通り1回限りの仕上げを伴った建築である。やり直しがきかない工事で,型枠に囲まれ内部の状況は全く見ることが出来ず,目隠しで物作りをしているのと同じである。型枠を取りはずししてはじめて出来・不出来が確認され,巣穴やコールドジョイント(打ち継ぎの境に出来る傷跡)が発生していれば,その規模によって解体して新規に打ち直しを要求されることすらあると言う。
 また打放しの表面は非常にデリケートで,セメントや骨材も産出地域で変わるため,その都度打上がったコンクリートは色合が異なる。しかも型枠に使用される剥離材によってもその仕上面は変化する。その他表面に点在する気泡や水アバタは打放しコンクリートの耐久性に拘わってくるだけでなく,美観上許される範疇にあるか否か判断を要するものである。
 このような新築時に生ずるいろいろな問題に対し明確な基準はない。それらに対処するための技術手法は,経験による部分が大きく占め,未だ手探りの状況にあると言われている。従って完全無欠の打放し建築は稀で,それだけに一面では永遠のテーマとして今後も高い関心を持ち続けると推測される。その他に打放しコンクリート建築には避けられないものに,乾燥収縮によるひび割れがある。(写真-1)
e0030813_7532623.jpg

 表面から次第に水分の蒸発とともに固化していくコンクリートが,微細で時には漏水を招くひび割れが発生し,対策に苦慮する。仕上げに塗布した防水材もこのひび割れには抵抗出来ず,雨水の浸透によって,エフロレッセンス(白華現象)を流出させて,建築主の不信を買うことになる。(写真-2)
e0030813_7535944.jpg

業界では高強度で高品質の打放しを目指し技術開発に懸命の努力をしているが,効果的に事態の改善が進んだとは言い難い状況である。

3.打放しコンクリートの欠損対策
 完璧な打放し仕上げにならず,各部位に巣穴,コールドジョイント,大小混合した無数のピンホールと色違い,これらは放置するわけにはいかず,出来る限り違和感のない補修をすることになる。デザインは別として打放し建築の表情は千差万別である。モルタル塗りと異なり表面を成形するだけでは仕上げとならず,生じた欠損箇所の周辺のコンクリート肌に,その都度合わせた補修が求められる。
 打放しの地肌は型枠から転写された木目模様や樹脂型枠の雲状模様があり,いずれも型枠1枚ごとにその模様は異なったものとなっている。欠損部の補修は,それを取り巻く周辺のコンクリート肌に合わせた調合材料で修整していくが,曼荼羅模様から成る放しは補修材料の調合の可否で決まる。(写真-3)
e0030813_7544039.jpg

打放し仕上げを左右し,後々の防水塗材による仕上げが成功か失敗かを決定づけるものである。その成形技術として打放しコンクリート表面仕上げシステム(吉田工法)がある。

4.打放しコンクリートのその後
 築後数年で黒く汚れ,各所にひび割れが発生し水滴となって流れ落ちた雨水がコンクリートに浸み込み,まだら模様を描いて濡れ色となる。(写真-4)
e0030813_7551896.jpg

仕上げにたっぷりと含浸されて塗布した撥水材も,建物の上層部ではその効力は消えている。この症状の繰り返しを経て,やがて本格的な劣化症状へと進行していく。打放しの表面は前述のように多様な欠損が存在し,浸透した水分はコンクリートの毛細管現象を通して次第に内部深く浸透して徐々に中性化していく。
コンクリートに内在する鉄筋は錆化し,腐食膨張してやがて被りコンクリートを押出し,剥落させることになる。(写真-5)
e0030813_7554756.jpg

 その他環境作用に影響して発生するコンクリートの破壊因子は躯体にまで及ぶことすらある。打放し建築に共通して現れる劣化症状は,先ず防水材の性能低下による吸水コンクリート化である。(写真-6)
e0030813_7561662.jpg

 特に最上階が著しく,下層階になるに従ってその吸水程度は少なくなる。打放し建築に限ったことではないが,上層階ほど風雨や太陽熱をはなはだしく受ける。日射温令と乾湿繰り返しによってコンクリートは劣化していく。むき出しの打放しは直接影響を受け,防水材の喪失によりコンクリートの中性化は勿論のこと,汚れの付着,内部鉄筋の錆化は加速度的に劣化損傷し拡大していく。
 表面の防水が十分に機能発揮していれば,このような劣化はかなり抑制することが出来る。その意味では打放し建築には高性能で長期耐久性に優れた防水材が必要である。

  次回は第2回「5.打放し防水材の変遷」から「7.濡れ色・ムラの追放と失敗」をご紹介します。

 さて、この年1992年の重大トップニュース(国外編)、第25回バルセロナオリンピック(7月25日~8月9日)がスペインで開催され,日本勢は金3、銀8、銅11のメダルを獲得しました!

それでは次回をお楽しみに!

打放しコンクリートについてもう少し詳しく知りたい方はこちらへどうぞ!
[PR]
by pikayoshi72 | 2008-11-24 08:02 | ブログ

「打放しコンクリートと共に」 その(45)

 今回は「建築保全」1991年7月号、special edition / 外装の補修・改修例「補修・改修の計画から保全まで」の後編(最終回)「2.改修工法の選定」をご紹介します。

2.改修工法の選定
現在の建物のイメージを失うことなく創建当初の性能に戻し改修後の維持保全が長期間期待できること。施工に関しては日常業務への支障がなく,人命の安全性と周辺環境への悪影響がないことが挙げられた。そのほか工法の材料についての諸条件は次のとおりである。
(1)打放しコンクリートに付着した各種の汚損物質を表面を害することなく洗浄または除去可能である。
(2)修整用モルタルは耐久性があり,鉄筋やコンクリートとの付着が良好で一体化し乾湿・温令や材料自体に
有害な変形がない。
(3)仕上塗材は塩分・水やガスなどの腐食要因を遮断する性能を有している。
(4)長期のフリーメンテナンスが期待できること。
(5)意匠性の復元と超耐候性の付与が可能である。
e0030813_7223249.jpg

1)施工の詳細
(1)素地調整:あらかじめ打放しコンクリート全面にサンドペーパーをかけ,次に高圧洗浄機を用い200kg/cm2の圧力水をかけて全面洗浄した。
(2)NY-606コンクリート強化剤の含浸塗布:洗浄後のコンクリートの乾燥確認のうえ,NY-606コンクリート強化剤をローラー刷毛にて含浸塗布した。2回に分けて,第1回目塗布乾燥後2回目を施した。平均塗布量は400g/㎡であった。
(3)鉄筋露出箇所の処理:鉄筋のかぶりが少ない箇所は,鉄筋周囲の斫りを深くし,かぶり厚を確保し調合樹脂モルタルが10mm以上付け送りが出来ることとした。鉄筋の錆は,ワイヤブラシにより除去し,直ちに特殊防錆材を入念に塗布し,NY-調合樹脂モルタルにより2~3回充填塗り込みをした。
(4)クラックの処理:幅0・2mm以上のものはすべてUカットした。クラック幅により,それぞれ深さ10~30mm程度Uカットし,内部清掃後プライマー塗布,ウレタンコーキングを底部に充填した。ウレタンコーキングの表面に硅砂を散布し,NY-調合エラスティックモルタルを充填塗り込みした(DD-エラスティックシス工法)。
(5)NY-調合樹脂モルタル表面修整:表面劣化部および欠損補修箇所を躯体コンクリートの表面に合わせた調合樹脂モルタルにより,表面修整を施した。
(6)打放しコンクリート面の若返り色合わせ,型枠模様の造成NY-調合樹脂を基材とした打放しコンクリート表面色合わせエラスティックフィラー塗材を2回にわたり施し,乾燥養生後,専門職人により特殊刷毛を用いて型枠模様を復元造成した。
(7)表面防水固定処理:超耐候性付与のためトップコートNY-9090アクリルシリコン樹脂系を2回全面塗布した。

2)施工後の保全状態
 施工後1.2か年経過したが,目視による調査結果は,表面の防水塗膜,ひび割れや汚損は認められず,降雨時の表層トップコートは完璧なまでその防水性能を保持している。特にひび割れ補修後に再発することの多いバイパスクラックもなく,ひび割れ補修材の柔軟追従性能が効果を挙げている。過去施工後の追跡調査では最初に欠陥として表れるものがバイパスクラックであることから1.2か年経過した現在新たなひび割れが発生してないことは耐久性付与の観点から充分期待できるものである。
 アクリルシリコン樹脂系NY-9090の超耐久性を支えるNY-エラスティックフィラーは躯体コンクリートの温令乾湿による挙動伸縮に追従する性能を有し信頼性をより高いものとしている。なお吉田工法では10年間の保証制度と経年劣化および保全状況を把握するため11年前より2~3年ごとに追跡調査を実施している。
e0030813_723968.jpg

 次回は「塗装と塗料」1992年1月号、「打放しコンクリートから見た仕上材の経緯と超耐候性アクリルシリコンまで」をご紹介します。

 さて、この年1991年の重大トップニュース(国外編)1月6日、イラクのフセイン大統領がクウェートからの撤退拒否を表明しました。これを受け15日、国連のデクエヤル事務総長がイラクにクウェート撤退を求める声明を発表しましたが、イラクがこれを拒否したため、米軍54万人を中心とする28カ国からなる多国籍軍がイラク攻撃を開始しイラクも徹底抗戦を表明、湾岸戦争に突入しました。2月27日、多国籍軍はイラクのクウェート解放を確認し攻撃停止。そして3月、イラクは安保理による停戦決議を全面受諾し停戦協定が締結されました。

それでは次回をお楽しみに!

打放しコンクリートについてもう少し詳しく知りたい方はこちらへどうぞ!
[PR]
by pikayoshi72 | 2008-11-17 07:26 | ブログ

「打放しコンクリートと共に」 その44

今回は「建築保全」1991年7月号、special edition / 外装の補修・改修例「補修・改修の計画から保全まで」2回に分け紹介します。本日は前編「1.建物経緯」をご紹介します。
e0030813_7155081.jpg

1.建物経緯
 静岡県庁東館は昭和45年5月完成、中部建築賞を受賞した著名な建築物である。(株)日建設計による打放しコンクリート高層建築の地下1階、地上18階で徳川家康の築城になる駿府公園に位置し、静岡県政のシンボル的存在として親しまれてきた。しかし築後19年を経過、打放しコンクリート外壁は汚染し経年劣化による表層塗膜の剥離・ひび割れや露出鉄筋に伴う被りコンクリートの剥落等、構造体への影響が懸念される事態となったため改修を実施したものである。なお打放しコンクリート以外の外装工事については割愛した。
1)建物概要
構造:鉄筋コンクリート造地下1階地上18階建外壁・柱型打放しコンクリート
面積:12、100㎡、高さ:64.55m、建築面積:3、684.4㎡、述べ面積:27、277.33㎡
2)劣化調査
 各種劣化症状および現象を調査した。調査結果は次の通りである。
調査日:昭和63年8月26日~30日
a)ひび割れ
 各面各階の梁中央部軸方向に対して垂直なひび割れが不規則に存在し、最上階の建物間に設けられている幕板部分、パラペット壁面に斜めのひび割れを確認した(写真1)。
e0030813_7163035.jpg

 また、1階パラペットで確認したひび割れは貫通ひび割れで、漏水痕跡を示すエフロレッセンスが確認された。
b)露出鉄筋
 梁側面の露出鉄筋は水平直線状で、幕板部分で確認した露出鉄筋は錆汁が流出表層を汚染していた。
c)コールドジョイント
 梁を斜めに走るコールドジョイントは、コンクリート層間の肌別れを識別する色違いがあり、発生位置は梁側面に多く確認された。
d)モルタル補修跡
 サッシ下腰壁コーナー部の欠け割れ箇所にモルタル補修部を確認したが、最近応急処置として補修されたものであり、性能低下は認められないが意匠性を阻害している。妻壁の幕板部分の補修材は浮いており、表層面には網目状のひび割れが確認された。
e)木コン跡
 木コン跡の充填モルタルの多くは乾燥収縮による間隙が生じ一部は脱落していた。(写真2)。
e0030813_7172151.jpg

f)コンクリート表面劣化
 高層部と塗膜の劣化した部位に表面はセメントの溶出による砂アバタ状を呈していた。(写真3)。
e0030813_7173853.jpg

g)中性化深さ測定
あらかじめ各面の測定箇所をマーキングし,躯体コンクリートを深さ40mmまではつり,清掃後フェノールフタレインアルコール溶液(1%濃度)を噴霧し表面から着色境界線までの深さをスケールで測定し中性化深さとした。
建物経過年数と中性化深さの関係を以下の式により検討した。
e0030813_7181457.jpg
 
(JASS 5)
X = 中性化深さ (cm), t = 期間 (年),w = 水:セメント比 (%)
ただし,水:セメント比は w 0.6とする。
この建物の平均中性化深さは以下のとおりである。 (水:セメント比は0.6とする)
e0030813_7183574.jpg

この式から算出した値と比較して,建物の中性化深さは各面において下廻っていた。
h)躯体コンクリートの圧縮強度
非破壊試験器シュミットハンマーN型を用いてあらかじめ測定箇所を設定し測定した(表1,写真4)
e0030813_718539.jpg

i)鉄筋コンクリートのかぶり厚さの測定
非破壊鉄筋検査機PQ-120型を使用して,鉄筋コンクリートのかぶり厚さの測定をした。測定方法は次のとおりである(写真5)。
e0030813_7194192.jpg
パコメーターの読取値により,かぶり厚さの近似値推定曲線図を用いコンクリートのかぶり厚さを推定する。
ただし,この方法は鉄筋の直径が未知の場合だけ適用する。
〔例1〕測定したかぶりの読取値6cmを示したと仮定する。
鉄筋の直径が8mmと34mmとの中間にあるとの仮定に基づき,曲線は公称値から+1.0cm
-1.48cmの偏差を与えられる。この値はかぶり厚さの許容偏差と考え,よってかぶり厚さは
+1.0-1.45cmに等しい(図1)
e0030813_720093.jpg

j)付着力試験
既存外壁の防水トップコートはアクリルクリアである。部位による劣化のバラツキが著しく全面高圧洗浄後
強力剥離剤による剥離テストをしたが,期待した効果が得られなかったため下記の方法による表面処理を実施した。
〈付着力試験方法〉
建物に採用する打放しコンクリート若返りシステム(吉田工法)の付着力試験を以下の要領で実施した。付着力試験箇所を設定し3種類の表面処理を施し建研式引張試験アタッチメント40×40をエポキシ系接着剤を用い固定した。接着剤固化確認後,アタッチメント4辺をコンクリートカッターで切断,建研式引張試験器により行った。(図2,写真6)。
e0030813_7203660.jpg

〈付着力試験結果(表2)〉
e0030813_7211454.jpg

西面において,付着力数値が100kgf/16cm2以下の部位(*)について調査したところ,アタッチメントと母体との接着不良によるものと確認されたため,改めて各部位につき3箇所の追加試験を実施した。
その結果を表3に示す。
e0030813_721499.jpg

〈追加試験結果〉
試験体を2週間放置養生後に1回目の引張試験を実施した。平均値は8.65kgf/cm2であった同試験体の一部アタッチメントの接着不良による剥離が生じたため,再試験を2週間後に実施した。
試験の平均値は,9.8kgf/cm2で約13%強度増加がみられた。
これは1回目の試験が2週で2回目は4週近くという養生期間が材質の性能向上に影響したものと推定された。
なお,若返りシステムにおいては材令2週では付着強さ5.0kgf/ cm2(標準状態)の値と設定しており,今回の試験結果は良好であったと判定した。

3)劣化原因の推定
個々の劣化症状の発生原因を推定し以下に記す。
a)ひび割れ
梁中央部軸方向に発生したひび割れは,両側に位置した柱により拘束されコンクリートの乾燥収縮および乾湿・温令による伸縮作用にによって発生したと推定される。また,表層面に確認した網目状のひび割れは,コンクリートの乾燥収縮または長時間のコンクリート練り混ぜ等に起因したものと推定される。(写真2)
e0030813_723773.jpg

b)露出鉄筋
露出鉄筋はコンクリートかぶり厚さの不足とそのほかひび割れ・豆板・コールドジョイント等の補修モルタルの劣化損傷に起因して雨水や炭酸ガスとそのほか酸性物質の浸透で鉄筋が錆化膨張しかぶりコンクリートを押し出し剥落させたものと推定される。(写真7)
e0030813_72327100.jpg

c)コールドジョイント
上層コンクリートと下層コンクリート間において肌別れを生じている。これは下層コンクリートが凝結硬化をし始めた時に上層コンクリートを打設したため生じたものと推定される。
d)モルタル補修跡
サッシ下端に確認したモルタル補修跡は,最近補修されたものと思われ,補修材の劣化は目視する限り良好と思われるが,妻壁幕板部分の補修材の接着力は低下し,表層部に確認した網目状ひび割れは,モルタルの乾燥収縮により発生したものと推定される。
e)木コン跡
木コンモルタルの欠落は充填されたモルタルの収縮に起因して雨水等が浸透し,内在するセパレータが腐食膨張し,モルタルを押し出し脱落させたものと推定される。(写真2)
e0030813_7234350.jpg

f)コンクリート表面劣化
表層塗膜の性能喪失と,コンクリート表面の肌割れ症状は,経年劣化と乾湿・温令変化による脆弱化・繰り返し雨水による表面のセメント溶出によるものと推定される。(写真3)
e0030813_723572.jpg

g)劣化損傷(表4参照)
e0030813_7242043.jpg

長文におつき合い頂きありがとうございました。

 さて次回は「建築保全」1991年7月号、special edition / 外装の補修・改修例「補修・改修の計画から保全まで」の後編「2.改修工法の選定」をご紹介します。

 さて、この年1991年の重大な出来事として(国内編)3月19日、JR東日本と京成電鉄が成田空港への乗り入れを開始しました。JR東日本は特急「成田エクスプレス」を新設し新宿・横浜から東京を経由して成田空港との間を結びました。そして6月20日には 東北・上越新幹線の両線が上野・東京間を開業し、東京乗り入れを果たしました。

それでは次回をお楽しみに!

打放しコンクリートについてもう少し詳しく知りたい方はこちらへどうぞ!
[PR]
by pikayoshi72 | 2008-11-10 07:28 | ブログ

「打放しコンクリートと共に」 その43

こんにちはpikayoshi72です。

今回は「建築技術」増刊1991年4月号、特集:建物の劣化診断と補修改修工法 「コンクリート打放し仕上げの再生技術」を4回に分け、ご紹介します。
本日はその最終回、打放しコンクリート若返りシステムの工程の内、「7)打放しコンクリート表面の若返り色合わせ・型枠模様の造成」から「9)おわりに」、までをご紹介します。

7)打放しコンクリート表面の若返り色合わせ・型枠模様の造成
 耐候性に優れた数種の顔料・調合材によって、打放し全面の色合わせと型枠模様の復元を特殊刷毛によって施工する。コンクリート打放し仕上げの表面には、型枠からの転写された木目模様・型枠の目違いなどが存在するため、再生するうえでもこれらをリアルに表現することがポイントである。本システムにおいては、施工物件ごとに建物のコンクリートの色に合わせた伸長型セメント系エラスティックフィラーを調合後全面に塗布し、専用に開発された造成道具を用いてコンクリートの素肌を再現し、そこに耐候性に優れた無機質系顔料によって木目模様の造成を行う。この伸長型セメント系エラスティックフィラーは下地のコンクリートに発生したひび割れに追従し、また炭酸ガス・塩分を遮断する機能性下地材である(写真2.24〜2.25)。
e0030813_718142.jpg

8)若返りコンクリートの超耐候性アクリルシリコン樹脂系仕上げ
 前記工程を施したコンクリート表面に、超耐候性アクリルシリコン樹脂系トップコートを全面に塗布する。これにより若返り諸工程の保護、表面の汚染防止、防水性能の向上と超耐候性能が付与される(写真2.26)。
e0030813_7125899.jpg

e0030813_7191397.jpg

9)おわりに
 打放し仕上げは素材の質感を活かすところにその意匠性の特徴がある。型枠模様の素朴な味わいは、ややもすると華麗できらびやかな仕上げに傾きつつある世情に対し、無言の美しさをかもし出し、心に落ち着きを与え、都市空間に潤いをもたらす比類ない仕上げである。
 このような打放しコンクリートも、年月を重ねることにより老いてその姿が変貌する。次世代への文化遺産として刻み込まれた歴史の一コマを、本再生技術で再び甦らせることにより打放し仕上げを残すことができると信じている。
e0030813_7135616.jpg

e0030813_7143034.jpg

 次回は「建築保全」1991年7月号、special edition / 外装の補修・改修例「補修・改修の計画から保全まで」をご紹介します。

 さて、この年の重大な出来事として海外では8月19日、ソ連保守派のヤナーエフ副大統領を中心とする非常事態国家委員会がクーデターを起こし全権を掌握し、ゴルバチョフ大統領の身柄を拘束。22日、ロシア共和国のエリツィン大統領が市民と共に抵抗してクーデターを制圧しゴルバチョフ大統領は復権したが24日、ゴルバチョフ大統領が共産党書記長職を解任すると共に党中央委員会の解散を勧告。これによってロシア革命以来の共産党支配に終止符が打たれ、12月21日ソ連に代わる共同体創設を協議するソ連11共和国の首脳会議が開かれ、11共和国を創設メンバーとする独立国家共同体の設立とロシアなど4共和国による核兵器などの統一管理などで合意。名実共にソ連は正式に消滅しゴルバチョフ大統領の退陣も決まった。

それでは次回をお楽しみに!

打放しコンクリートについてもう少し詳しく知りたい方はこちらへどうぞ!
[PR]
by pikayoshi72 | 2008-11-03 07:20 | ブログ