「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「打放しコンクリートと共に」 その29

こんにちはpikayoshi72です。

 今回は「施工」1988年12月号総特集:最新仕上げ材と設計施工の留意点「打放しコンクリートの若返り」を4回に分けご紹介します。今回は最終回「5施工工程」後編および「あとがき」をご紹介します。

5施工工程

(3)既存補修モルタル部
①浮いている部分のモルタルは完全に除去する。また、豆板を補修したモルタルは完全に取り除き、豆板など脆弱部分は今後の劣化の進行に対して弱点となると考えられることから、このような部分は丹念に斫り取る。
②斫り取った下地部分は、刷毛、ブラシなどで汚れ・ほこりを除去して清掃する。
③NY-7000プライマーを下地部分に塗り残しのないよう塗布する。
④斫りの状況により1~3層に分け、NY-調合樹脂モルタルを塗り付ける。この際、コンクリート表面(仕上げ面)から1~2mm程度下げて仕上げる。
⑤最後に表面修整用NY-調合樹脂モルタルをコンクリート表面(仕上げ面)に合わせて平滑に仕上げる。

(4)修整用NY-調合樹脂モルタルの鏝塗り
 欠損部を処理した箇所は周囲との色違いがあるため、修整用NY-調合樹脂モルタルを薄く鏝塗りし、水引き具合を見定めて毛足の長い刷毛で表面を刷毛引きする。また、5mm以上のピンホールも同様に処理する。
e0030813_7235832.jpg

5)素地全面色合わせ
①打放しコンクリート表面は部位により色違いがあるため、NY-調合樹脂色合わせ(NY-7000)〔特殊アクリル樹脂系:カラーコート:浸透剤:特殊添加剤〕をローラーで塗布する。
②下地のコンクリートに起因するひびわれに追従するNY-調合樹脂色合わせ(NY-8000)〔特殊アクリル樹脂系:カラーコート:浸透剤:特殊添加剤〕をローラーで塗布する。
e0030813_7242864.jpg

6)型枠模様造成
① 特殊灰汁〔カラーコート:浸透剤:添加剤〕による板目・木目を専門職人により各種の刷毛を使用し造成する。

7)表面防水固定処理(NY-7090トップコート)
①各工程に要する樹脂材料・特殊添加剤を含む修整材料の性能発揮と劣化防止のために、耐久性と浸水抵抗の高い緻密な皮膜を形成する表面防水固定処理剤を塗布する。(全面に対して2回塗布)
e0030813_7245099.jpg

あとがき
 外部に接する部位の打放しコンクリートは自然環境の影響を直接受け、表層に劣化症状を表す。このため、当社では施工後2~3年経過した物件を選んで追跡調査することとし、過去10年実施してきた。
 追跡調査の結果確認された劣化症状の原因追及を徹底し、再び繰り返すことのないようフィードバックして施工材料・施工方法の改善を図り若返り技術に向上を資している。
e0030813_7253130.jpg

 今回はこれで終了、次回は「建築知識」1989年7月号、特集:RC打放し監理術、「打放し・補修テクニックとメンテナンス」をご紹介します。

 さて、この年1988年最後のニュース、東京で中学生が、両親と祖母を金属バットと包丁で惨殺した事件がありました。惨い事件ですが、この手の事件、現在に至っては毎日のようにテレビで放映されています。世の中の歯車がどこかで狂っている感じがします!

 それでは次回をお楽しみに!
[PR]
by pikayoshi72 | 2008-07-28 07:30 | ブログ

「打放しコンクリートと共に」 その28

こんにちはpikayoshi72です。
今回は「施工」1988年12月号総特集:最新仕上げ材と設計施工の留意点「打放しコンクリートの若返り」を4回に分けご紹介します。今回は「5施工工程」の前編をご紹介します。

5施工工程
1)材料の確認
 搬入材料の数量および品質を確認し、不適当なものがあった場合は、その材料の使用は中止する。
2)素地調整
①コンクリートの表面を約200kg/cm2の高圧水で洗浄し、汚れ、ほこりなどを完全に除去する。
e0030813_959539.jpg

②空洞のある場合は、とれやすい砂利などは叩き落とす。
③表面に付着した鉄筋のさびおよびしみは、ケミカルエースR(当社製)を用いて洗浄する。
④高圧水洗ができない場合は、ペーパー、ワイヤブラシ、高速サンダーなどを用いる。
3)NY-606表面強化処理剤の塗布
 刷毛・ローラーを用いて、400g/㎡のNY-606を含浸塗布する。
 NY-606は各種特殊添加剤を加えた珪フッ化物を主成分とする浸透性の水溶液で、中性化したコンクリート中に含まれる炭酸カルシウムと反応し、不溶性のフッ化カルシウムが生成される反応型無機質系コンクリート強化剤である。不溶性のフッ化カルシウムが固着され、花崗岩質のように結晶化し、コンクリート空隙を充填して強度・防水性・耐酸性が向上する。
e0030813_1005378.jpg

4)欠損部の処理
 各種劣化症状に対する補修方法を以下に示す。
(1)露出鉄筋部
①鉄筋の腐食している部分の周囲を深さ方向に斫り取る。斫り取る深さは、鉄筋をケレン・防錆処理した後にハンマーなどで叩き込める程度とする。
②ワイヤブラシ・電動ケレン機を使用し、さびを完全に除去する。
③NY-特殊防錆材を塗布する。
e0030813_1015127.jpg

④斫りの状況により1~3層に分け、NY-調合樹脂モルタルを塗り付ける。この際、コンクリートの表面(仕上げ面)から1~2mm下げて仕上げる。
⑤表面修整用NY-調合樹脂モルタルをコンクリート表面(仕上げ面)に合わせて平滑に仕上げる。
e0030813_1012461.jpg

(2)ひびわれ部(DD-エラスティックシステム)
①ひびわれに沿って電動カッターを用いて幅12mm程度、深さ15mm程度にU字型の溝を設ける。
②Uカット溝部に付着している斫り片、粉塵を刷毛などで除去。
e0030813_10134240.jpg

③清掃した部分にウレタンプライマーを均一に塗布。
④プライマー塗布後、ウレタンコーキングを行う。充填はUカット溝底部から3mm程度とし、充填後はヘラで十分押え、下地と密着させて表面を平滑に仕上げる。
e0030813_10143349.jpg

⑤次にエラスティックフィラーを均一に塗布。
e0030813_10154519.jpg

⑥NY-エラスティックモルタルを充填する。
注)0.2mm以下のひびわれは、NY-エラスティックモルタルによる木ベラでの塗込みとする。
e0030813_1017234.jpg

 今回はここまで、次回は「5施工工程」後編、「あとがきを」ご紹介します。

 さて、この年1988年、第24回オリンピックがソウル(韓国)で開催されました。 日本選手のメダル獲得は金が4、銀が3、銅が7で 鈴木大地選手が100m背泳で金メダル。他、柔道の斉藤仁、レスリングの小林孝至、佐藤満も金メダル、シンクロでは初のメダルをとりました。

 それでは次回をお楽しみに!
[PR]
by pikayoshi72 | 2008-07-21 10:19 | ブログ

「打放しコンクリートと共に」 その27

こんにちはpikayoshi72です。

 今回は「施工」1988年12月号総特集:最新仕上げ材と設計施工の留意点「打放しコンクリートの若返り」を4回に分けご紹介します。今回は「4打放しコンクリート若返りシステム」をご紹介します。

4打放しコンクリート若返りシステム
 打放しコンクリート仕上げの表面は、型枠より転写された板目・木目模様が意匠性を支える大きな要素である。打放しコンクリート若返りシステム(吉田工法)は、コンクリートの汚染・欠損・剥落箇所を部分的に補修するだけでなく、劣化した躯体コンクリートの表層を強化し、失われた打放しコンクリートのイメージを再現し、しかも耐久性を付与することにある。一方、ひびわれ補修方法として一般的にエポキシ樹脂の注入を行ったり、ひびわれ部分をUカットし、シーリング材を充填し、樹脂モルタルを塗り込むなどの工法がとられていることが多い。
 ひびわれは躯体コンクリートの乾湿温令ムーブメントにより、周期的に動きが生じている。この動きに追従し、柔軟に吸収発散する性能が要求される補修技術が必要不可欠である。若返りシステムの特徴はこのようなひびわれムーブメントに対応したDD-エラスティックシステムが組み込まれていることである。また、躯体コンクリートの表層を化学処理することにより無機質な多孔質のコンクリートの毛細管空隙を塞ぎ、しかも耐酸性を向上させ、欠損部に対しては耐候性の良いNY-調合樹脂モルタルで補修補強し、コンクリートの肌色に合わせた伸長型セメント系材料を全面に塗布し、専用に開発された道具を駆使してコンクリートの素肌を再現、そこに耐候性に優れた無機質材料によって型枠模様をリアルに再現する。最終工程では皮膜造成型のトップコートを全面塗布することにより諸工程に施された材料性能の耐久性と美観保持を長期にわたり付与し、大気汚染や劣化防止に効果を発揮する。
e0030813_723127.jpg

1)システムの特徴
打放しコンクリート若返りシステム(吉田工法)は次の要求される条件に適合するものである。
①打放しコンクリートに付着した各種の汚損物質を、表面を害することなく洗浄または除去可能。
②修整用モルタルは耐久修復の安定性がある。(工事中および完了後も膨張や収縮などの有害な変形がない)
③修整用モルタルは躯体の耐久性低下を防止できる。(空隙へ充填された材料と既存のコンクリートが一体化して、中性化の進行を防止できる)
④修整用モルタルは耐候性にすぐれている。(既存コンクリートと修整材料とが一体化して劣化因子に影響されないで、一定期間初期の性能を保持することができる)

2)主な使用材料
 ・特殊セメント-白(収縮低減型) ・特殊セメント-黒(収縮低減型) ・NY-調合樹脂モルタルパウダー(中塗り用) ・NY-調合樹脂モルタルパウダー(上塗り用) ・NY-7000特殊アクリル系樹脂(モルタル混和および色合わせ用) ・NY-8000特殊アクリル系樹脂(弾性皮膜用) ・各種添加剤 ・特殊無機系顔料表-1に・NY-7000(モルタル混和および色合わせ用)、表-2に・NY-8000(弾性皮膜用)、それぞれの合成樹脂エマルジョンの性状と試験結果を示す。
e0030813_7233953.jpg

 次回は、引き続き「施工」1988年12月号 総特集:最新仕上げ材と設計施工の留意点「打放しコンクリートの若返り」、「5施工工程」を2回に分けご紹介します。

 さて、この年1988年、日本で初めて屋根付きの球場「東京ドーム」が完成しました。完成によって雨天で野球が中止になることなく観戦できるようになったわけです。

それでは次回をお楽しみに!
[PR]
by pikayoshi72 | 2008-07-14 07:32 | ブログ

「打放しコンクリートと共に」 その26

 今回は「施工」1988年12月号総特集:最新仕上げ材と設計施工の留意点「打放しコンクリートの若返り」を4回に分けご紹介します。まずはじめに今回は「まえがき」、「1.現況調査」、「2.調査方法」および「3.調査結果に基づく劣化症状」をご紹介します。
e0030813_7194315.jpg

まえがき
 1965(昭和40)年前後から、外壁仕上げ材として採用されてきた打放しコンクリート仕上げが、ここ10年ほど建物によって、劣化が顕著となりはじめ修繕を要することが多くなった。打放しコンクリートの劣化に関しての修繕技術が確立されていなかったために、その劣化症状に対し部分的・臨床的補修のとどまり施工されてきた。こうした背景を経て、打放しコンクリートを単に欠損部の補修にとどまらずシステマティックにとらえ、表面に生じた劣化症状を含め、躯体コンクリートに至る現況調査を行い、原因の推定と施工が行われるようになった。

1 現況調査
調査は、一般的には目視調査によることが多い。調査目的は、あくまで打放しコンクリートの耐久性を確保するためにどのような対策を立てるべきかが重要であり、表層に生じた劣化の種類・程度を的確に把握し、修繕方法の検討資料となりうるものでなければならない。できうれば将来の劣化傾向を予測し、当面の修繕にとどまらず予防保全対策を検討する資料にまでもっていくことが望ましい。
 調査は打放しコンクリート表層面に発生した劣化症状を図面上にその状況を明らかに表示するとともに、劣化症状だけでは判断しえないコンクリートの圧縮強度などの物性、鉄筋の腐食、コンクリート含有塩分量や中性化の進行状況などが必要となる。

2 調査方法
(1)ひびわれ ひびわれ幅の測定・発生位置・長さ・形状(たとえば鉄筋に沿ったものか、細目状か)を目視観察し、合わせて写真に記録する。
(2)浮き 表面の浮きの発生箇所およびその面積を測定する。また、手の届く範囲でテストハンマーによる打診を行う。
(3)剥落状況 コンクリートなどの表層面に確認したコンクリートの剥落状況・形状・寸法・面積などを測定する。
(4)表面脆弱化状況 さび・汚れ・エフロレッセンス・ポップアウトなどの代表的な状況の形状・寸法・面積などを調査・記録し、合わせて写真撮影を行う。
(5)漏水痕跡 具体的には雨漏り。下屋部分なぢからだけの雨漏りではなく、壁面にしみ出たものなども含め目視検査する。
(6)コンクリート塩分含有量 コンクリート中塩分含有量測定は、躯体から採取したコアを試料
とする。
  絶乾状態にした試料を微粉砕し、硝酸によって全溶解した後、濾過し、濾液について電位差滴定法・吸光高度法などで塩素イオン量を定量分析する。

3 調査結果に基づく劣化症状
 共通した打放しコンクリートの劣化症状の代表的なものに、表層の汚れをはじめとしてひびわれ・剥落・鉄筋露出や中性化などがある。
 汚れは日照の少ない面しかも上層階に集中して認められ、とくに打放しコンクリート表面に雨水が流下するような構造の建物は顕著である。
 汚れのいちじるしい周辺にあるひびわれからは、雨水の浸透が繰り返しあることから、内部の鉄筋の腐食を促進させ、並行して中性化の進行が早い。
 一方、外壁からの雨漏りがある。コンクリート躯体の打継ぎ部分やじゃんか・コールドジョイントなど施工上の欠陥箇所に起因したものや、貫通したコンクリートの乾燥収縮ひびわれからも浸水する。
 その他、木根穴の充填モルタルが欠落してセパレーターを経由して、内部に漏れている例もある。
 一般的に築後15~20年経ることによる表層の汚れと、同時に鉄筋露出や剥落などが随所に表れ、それとともに打放しコンクリートの型枠模様もなくなり、意匠性の喪失とともに周辺環境との調和まで損なうことになりがちである。
e0030813_7202847.jpg

次回は、引き続き「施工」1988年12月号 総特集:最新仕上げ材と設計施工の留意点「打放しコンクリートの若返り」、「4打放しコンクリート若返りシステム」をご紹介します。
 さて、この年1988年、通信関連では東京の市外局番03地域で市内局番が4桁になり、東京、名古屋、大阪間でISDNサービスを開始。総合サービスデジタル網(ISDN)の「INSネット64」という商用サービスを、NTTが開始しました。後にIT革命の嵐が来るわけですね!

それでは次回をお楽しみに!
[PR]
by pikayoshi72 | 2008-07-07 07:26 | ブログ