「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「打放しコンクリートと共に」 その20

こんにちはpikayoshi72です。
 今回は月刊リフォーム1988年8月号 特集・学校施設のリフォーム、学校施設における改修工事例「打放しコンクリート若返りシステムによるS女学院外壁改修工事」前編をご紹介します。「月刊リフォーム」は(株)テツアドー出版発行、創刊は1984年(昭和59年)です。
e0030813_15215529.jpg

概 要
 打放しコンクリート建築物は、周辺環境との調和、自然への回帰に引き寄せる魅力を備えている。しかしながら築後10数年を経過すると、空気中の炭酸ガスや水分などの劣化因子による構造物の劣化が進行し、美観を損なうばかりでなく、安全性や躯体保護の面でも対策が必要となる。
 打放しコンクリート若返りシステム(吉田工法)は、劣化・損傷したコンクリート打放し仕上げの構造物を、再び躯体から強化する事により、建物に耐久性を付与し、失われた意匠性の回復を図る再生技術である。

工法の特徴
1)打放しコンクリート若返りシステムは、鉄筋の防錆・破損部分の修整はもとより、NY-606コンクリート強化剤を含浸塗布する事により風化したコンクリートの表層部分を緻密化し、同時に耐酸性を向上させる事により中性化の進行を防止する。
2)NY-調合樹脂モルタル、NY-7090防水固定処理剤などの各種材料の抜群の接着性と強度・防水性で、RC構造物を内面から改修する。
3)各々の建物のコンクリートの色に合わせた伸長型セメント系材料により、専用に開発された道具を駆使してコンクリートの素肌を再現。そこに耐候性に優れた無機質系材料によって、打放しコンクリートならではの型枠模様も忠実に再現。新築当時のイメージをそのままに、打放しコンクリートを美しく蘇らせる。この伸長型セメント系材料は、下地のコンクリートに起因したひび割れに追従し、また炭酸ガス・塩分の侵入を遮断する機能性仕上材である。(施工工程については図-1参照)
e0030813_723949.jpg

 次回は、月刊リフォーム1988年8月号 特集・学校施設のリフォーム、学校施設における改修工事例「打放しコンクリート若返りシステムによるS女学院外壁改修工事」後編をご紹介します。
 さて、この年1988年12月27日竹下内閣が発足してわずか4日後にリクルート疑惑で長谷川法相がリクルートから政治献金を受けていた事実が発覚し辞任!在任4日は史上最短記録だそうです。

それでは次回をお楽しみに!
[PR]
by pikayoshi72 | 2008-05-26 07:25 | ブログ

「打放しコンクリートと共に」 その19

こんにちはpikayoshi72です。

 今回は「施工」1987年4月号特集・補修防水工法実例「“DDエラスティック工法”弾性モルタルを用いたひび割れの補修」を5回に分けご紹介します。今回は最終「おわりに」をご紹介します。

おわりに
 本工法は、外壁下地の回復に根本から耐久性を付与することに目的がある。従来、コンクリート、モルタル外壁のひびわれ、浮きの補修はされても、外壁そのものの劣化に対しては、考慮されていないのが現状である。
 ここで、リフォーム工法の原点にかえって検討し、改良されたもので、たとえば、下地ひびわれ幅が仕上げの2倍以上の伸性能があれば破断は起こらないとされている。DD-エラスティックシステムは、いわゆるゼロスパンテンションに対する回答だけでなく、コンクリート、モルタル外壁の伸縮挙動に最も適した工法の一つである。
 劣化の回復を基礎として、固定から動きに追従する妥当性が理解されて変形能を有するエラスティック材料は、今後着実に増加していくものと思われる。
e0030813_7213120.jpg

 次回は、月刊リフォーム1988年8月号 特集・学校施設のリフォーム、学校施設における改修工事例「打放しコンクリート若返りシステムによるS女学院外壁改修工事」をご紹介します。

 さて、この年1987年9月22日 、昭和天皇が腸通過障害のため宮内庁病院で手術をすることとなり初の沖縄訪問が中止になってしまいました。

それでは次回をお楽しみに!
[PR]
by pikayoshi72 | 2008-05-19 07:23 | ブログ

「打放しコンクリートと共に」 その18

 今回は「施工」1987年4月号特集・補修防水工法実例「“DDエラスティック工法”弾性モルタルを用いたひび割れの補修」を5回に分けご紹介します。今回は4回目「2.施工要領」B.外壁モルタルの浮きについて(NY-エラスティックアンカー併用)をご紹介します。

2.施工要領
B.外壁モルタルの浮きについて(NY-エラスティックアンカー併用)
 本仕様は、外壁モルタル仕上げなどの浮き部分(0.3mm以上)に弾性スラリー(NY-エラスティックスラリー)を注入し、NY-エラスティックアンカーを併用して、浮き部分をコンクリート躯体に固定する工事に適用する。
e0030813_7232937.jpg

①テストハンマーで壁面の打診を行い、浮きの範囲をチョークなどで明示する。
②注入剤の流出を防ぐため、ひびわれ部分をUカットし、NY-エラスティックモルタルを充填する。
③注入圧による外壁モルタルのふくれや脱落を防止するため、浮き部分1㎡当り5箇所をNY-エラスティックアンカーピンおよびエポキシ樹脂で固定する。
④アンカーピンの挿入孔は径7~9mmとし、コンクリート躯体の表面から深さ15mmまでコンクリートドリルで穿孔し、挿入孔内の粉塵はエアブラシなどで完全に除去する。
⑤挿入孔へエポキシ樹脂を注入し、NY-エラスティックアンカーを孔底まで確実に挿入する。
⑥アンカーピンの固定状況を確認し、図-3により径10~13mmのスラリー注入孔を500mm間隔にコンクリートドリルで躯体まで穿孔する。
e0030813_7242067.jpg

⑦注入ポンプにより、注入孔1箇所につき40gの割でスラリーを注入する。
⑧壁面などに流出した注入剤は直ちに除去し、水刷毛などを用いて十分洗浄する。
⑨注入後2日間は、注入部分に振動や衝撃を与えてはならない。
⑩完了後テストハンマーを用いて、注入状況の確認を行う。
 以上述べてきた、ひびわれと浮きの補修作業をフローチャートにして図-4にまとめた。
e0030813_7244224.jpg

 また、当工法の材料、NY-エラスティック8000のテクニカルデータを表2~4に示す。
e0030813_725177.jpg

施工実績は、日本楽器研修会館 (静岡県、施工面積3600㎡)(現在のヤマハです)、国立科学博物館(東京都、1500㎡)、NTT三重支社(三重県、760㎡)、日本原子力研究所東海研究所炉特研(茨城県、1520㎡)ほか多数ある。

 次回は、同じく「施工」1987年4月号特集・補修防水工法実例「“DDエラスティック工法”弾性モルタルを用いたひび割れの補修」の「おわりに」をご紹介します。

さて、この年1987年10月19日(月)アメリカ/ニューヨーク株式市場では史上最大の株価大暴落。「暗黒の月曜日」といわれました。1929年の大恐慌を越えるものでした。

それでは次回をお楽しみに!
[PR]
by pikayoshi72 | 2008-05-12 07:26 | ブログ

「打放しコンクリートと共に」 その17

こんにちはpikayoshi72です。

今回は「施工」1987年4月号特集・補修防水工法実例「“DDエラスティック工法”弾性モルタルを用いたひび割れの補修」を5回に分けご紹介します。今回は3回目「2.施工要領」A.ひびわれの補修についてをご紹介します。

施工要領
A.ひびわれの補修について
 本仕様は、コンクリート外壁のひびわれ部にUカットを行い、接着性、止水性にすぐれた弾性モルタル(NY-エラスティックモルタル)を充填する工事に用いる。(図-1、写真-1~5)
e0030813_1153495.jpg

ひびわれの幅をクラックゲージなどで測定し、記録する。
ひびわれに沿ってコンクリート躯体にUカッターを用い、幅15mm、深さ12mmにコンクリートをカットし、エアなどで十分清掃を行う。
Uカット目地底部のひびわれにウレタン系シーリング材を充填する。
シーリング面およびUカット目地部にNY-エラスティックフィラーを塗布する。
Uカット目地内に弾性モルタルNY-エラスティックモルタルを金ベラなどを用い充填する。
施工後、夏期で12時間、冬期で24時間以上養生を行う。
完了後既設仕上げに倣い補修を行う。
気温3℃以下の施工は行わない。

 次回は、同じく「施工」1987年4月号特集・補修防水工法実例「“DDエラスティック工法”弾性モルタルを用いたひび割れの補修」の「2.施工要領」B.外壁モルタルの浮きについて(NY-エラスティックアンカー併用) をご紹介します。

紹介しましたNY-エラスティックモルタル、かなりの弾性を有しているんですよ!

さて、この年の 1月17日当時神戸に住む女性(29才)が、日本で最初のエイズ患者として厚生省に認定され、1月20日、発病からわずか半年で、カリニ肺炎のため死去されました。

それでは次回をお楽しみに!
[PR]
by pikayoshi72 | 2008-05-05 11:56 | ブログ