「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

第八十四話「打放しコンクリートの日本を代表する作品とその建築家」安藤忠雄-その9

 六甲の集合住宅Ⅱ、1993年の打放しコンクリートの代表作品、六甲山の南側、60度の傾斜地に建つ。第七十九話でご紹介した作品の集合住宅に次ぐ第2弾、その隣接の地に。周囲の自然に溶けこんだ生活空間と居住者のコミュニケーションを意識した新しい関係の醸成。
e0030813_7155251.jpg

 その根本思想は自然との共存、そして歴史を伝えつつ現代的な手法や素材で和を具現した打放しコンクリート建築。その原点「住吉の長屋」デビュー作でありながら日本の伝統美に春夏秋冬を取り入れたものとされています。建築家“安藤忠雄”の切れることのない打放しコンクリート建築に多彩な分野に新境地を問う。
 この年日本芸術院賞を受賞、イギリス王室英国建築家協会(RIBA)名誉会員に推挙される。延々と続く建築家“安藤忠雄”の打放しコンクリート著名作品。ここで一息入れます。
 時同じくして世情は、衆議院総選挙で自民党が大敗を喫し、当時の宮沢内閣は総辞職。日本新党の細川護煕を首相とした連立内閣が登場、騒然とした政治情勢に加えゼネコン汚職や佐川急便など金銭にまみれたゆゆしい時代でした。何か最近の出来事とよく似ていますね。
次回をお楽しみに。
[PR]
by pikayoshi72 | 2007-02-26 07:16 | ブログ

第八十三話「打放しコンクリートの日本を代表する作品とその建築家」安藤忠雄-その8

 1992年の作品、西宮市の“大手前女子大学アートセンター”大学施設として建つ。学生同志や地域とのコミュニケーションの場を目指したもの。閑静な住宅地域のため、建物の1/3は埋設され、高さに対する違和感を解消し、周辺環境に同化させたもの。
e0030813_10453587.jpg

 かの有名な“表参道ヒルズ”既存のケヤキ並木と一体化させ、街並みの自然を生かした新しい街作りのあり方を具現したその原点か?
 この年、国内では株価と土地の高騰によるバブル経済が弾け、不良債権を抱える大手銀行を巻き込む経済の大混乱に陥った年でもありましたね。
 次回をお楽しみに。
[PR]
by pikayoshi72 | 2007-02-19 06:00 | ブログ

第八十二話「打放しコンクリートの日本を代表する作品とその建築家」安藤忠雄-その7

 打放しコンクリートによる1991年の代表作品“姫路文学館”立地環境は姫路城を視界にした眺望豊かなところ。播磨ゆかりの文人たちの資料館として建つ。打放しコンクリートを素材として既存の和風建築や自然環境と対比させた新たな打放しコンクリート建築を試みたものといわれる。
e0030813_938161.jpg

 この年、建築家“安藤忠雄”は、アメリカ建築家協会(AIA)名誉会員に推挙され、同年アーノルド・ブランナー記念賞(アメリカ)を受賞する。
 その年アメリカは湾岸戦争に突入。日本は国際貢献として多額の資金援助を強いられるなど国際情勢は騒然とした年でした。
 次回をお楽しみに。
[PR]
by pikayoshi72 | 2007-02-12 09:39 | ブログ

第八十一話「打放しコンクリートの日本を代表する作品とその建築家」安藤忠雄-その6

 昭和一桁生まれの人間には、羨望の的とされカメラの王様といわれたライカ。打放しコンクリートによる“ライカ本社ビル”大阪南港に建つ、時1989年。自然の光・緑・風を導入した屋上庭園。オフィスビルでありながら機能性・経済性は排除して、意欲的な働く人の活動環境を創造。未知なる新しいオフィスビルとして世界に問う。際だつ打放しコンクリート作品の一つ。
e0030813_7242282.jpg

 安藤忠雄先生はこの年ハーバード大学客員教授に就任。時同じくして、フランス建築アカデミー大賞を受賞するなど、国内は勿論のこと海外にまでそのなを轟かせる。
 一方、国外では、米ソの冷戦終結。国内では消費税が導入されました。その消費税、スタート時は3%、現在は5%、これから先は何%となるか。
 次回をお楽しみに。
[PR]
by pikayoshi72 | 2007-02-05 07:25 | ブログ