<   2005年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

第十六話 “打放しコンクリートの老化について、あれこれ”

 酸性雨、炭酸ガス、紫外線、有害物質、どれもこれも
日常生活で意識せずに接しているものばかり。
毎日が避けて通れない生活環境の実態ですね。
人間健康でいられるのが一番の幸せ、だけどこんな生活環境の中では、よほど努力しないと病気になってしまいますよ。
 そうです、打放しコンクリートも全く同じ、ほっとけば人と同じ様に病気になります。
何故って?言い遅れましたがコンクリートは外見上固くて、半永久的に長持ちすると思われていますね。
しかし、そうではないです。
何故かと言いますと、一見丈夫そうですが、コンクリートは水を吸う性質があります。
雨が降ると白っぽいコンクリートが濡れると黒くなりますね。
雨水を吸い込んでいる印です。
 その次、コンクリートはアルカリ性です。
あの酸とかアルカリとかのそのアルカリです。
アルカリ性ですから酸性雨にあったら中性化してしまいますよ。
しかも長い年月、酸性雨にまみれていると次第にアルカリ性から中性化へ、そして酸性へと移行してやがて酸性のコンクリートとなってしまいます。
実際には酸性コンクリートになってしまった事例は聞いた事はありませんが、もう一つ、コンクリートは固まる時に収縮する現象があるそうです。
 これが曲者、それが因(もと)でひび割れができることです。
ひび割れからは雨が浸み込み、浸み込んだ雨水(酸性雨)はコンクリートを支える中の鉄筋を錆びさせてしまいます。
しかも鉄は錆びると膨張して、その圧力で廻りのコンクリートにひび割れを起こしてしまうんです。
ひび割れが出来てしまうと、雨に濡れて浸みていく程度ではおさまりません、雨漏りの原因にもなります。
この繰り返しで錆はどんどん膨張して元の太さの約2.5倍位までなるとか。
些細なことと放置していると廻りのコンクリートがひび割れから拡大してコンクリート片となって、剥落することも稀ではありません。
もうこの状態になったら雨漏りどころではありません、頭の上からコンクリートの欠片(かけら)が降ってくることになります。
e0030813_7461077.jpg

 堅固で頼り甲斐があると思っていたコンクリート、意外に雨に弱い、こんな一面があります。
ご存知でしたか?
第十六話 “打放しコンクリートの老化について、あれこれ” 、、、まだまだ続きます。
お楽しみに!
[PR]
by pikayoshi72 | 2005-10-31 07:47 | ブログ

第十五話  ノンクリート打放しボード・外断熱タイプ

 生活環境の改善、こんな言葉が色々な分野でいわれていますね。
今年の代表的なものが“クールビズ”
小泉さんのノーネクタイはテレビや新聞で毎日目にしたことです。
建物も夏はクールビズ、冬はウォームビズといったところが、身近な生活環境の改善といえるでしょうか。
そこで、「ノンクリート打放しボード・外断熱タイプ」、本題に入ります。
堅苦しいお話ではありませんので肩の力を抜いて楽な姿勢でどうぞ。
 ノンクリート打放しボード・外断熱タイプの仕組みとそのメリットを簡単に説明します。
ノンクリート打放しボードに使用されるボード(基材)は、窯(カマ)を使って粘土や無機材料などを原料にして高い温度で加工して作る窯業製品の一種。
身近なものに茶ワン(陶磁器)やガラス、セメント、煉瓦などとふる里は一緒です。
そこで造られたボードに先ず吸水防止のためにNY-Aシーラーという防水材をタップリ塗ります。
次にNY-ヒートカットの塗布です。これが外断熱ボードの主役です。その断熱メカニズムは、太陽熱の遮断です。
つまり、NY-ヒートカットは特殊な熱反射顔料とセラミックを配合、日射による熱源である近赤外線を反射・散乱させて太陽熱の吸収を防ぎ高い断熱性を発揮する。ここのところがミソです!
そのあと、打放し意匠の形成と耐久性をもたせるためのフッ素樹脂防水で完了。
今までの工程を図にしてみました。
e0030813_8142429.jpg

 そのメリットは特に夏です。
太陽光によるボードの表面温度の上昇を遮断し、室内が高温にならないので、冷房が効率よく効(キ)きます。
それだけではありません、NY-ヒートカットは保温材としても働くため熱空調率を高めることです。
e0030813_8145142.jpg

 外断熱の特長は前にもお話した様に、内部結露がなくなり湿気によるカビやダニの繁殖を抑えること、身近な生活環境の向上にこんなに多くの貢献が期待されます。
もう一つ、建物を構成する色々な建築材料は、太陽熱による熱膨張で劣化のスピードが速くなるといわれていますが、熱遮断の効果、これも大きなメリットです。
本当にそんな効果があるのか?と感じるのではないかと思って、外断熱タイプの効果を比較試験したものを図にしました。ご覧下さい。
e0030813_8151198.jpg

           従来品と外断熱タイプの比較試験
 従来品のノンクリート打放しボードと新開発の外断熱タイプにランプを照射し、表面温度の測定をしました。
結果、従来品は15分で57.8℃に達したのに対し外断熱タイプは46℃で、11.8℃の差が出ました。従来品に比べ断熱効果が高いことが分かりました。
どうでしたか、“ノンクリート打放しボード・外断熱タイプ”生活環境向上の一助として頑張ります。
 次回は、「打放しコンクリートの老化について、あれこれ」をお話しします。
お楽しみに!
[PR]
by pikayoshi72 | 2005-10-24 07:45 | ブログ

第十四話 ニーズに応えて

 ノンクリート打放しボード・外断熱タイプの開発スタート
 ヒートアイランド現象、地球温暖化、北極海氷山の溶解、こんな言葉が日常生活に耳慣れて来ましたね。
今年に入り巨大ハリケーン、台風、津波と世界各地で異常気象から発生する風水害の来襲、と思いきや、今度はパキスタンとインドの大地震!この先どうなるのかなあ?といったところが今日この頃。
少しでも地球環境の改善になればと思いついたのが、“ノンクリート打放しボード・外断熱タイプ”
先回ご紹介した打放しボードに新技術。
温暖化する地球環境の改善に僅かの貢献になればと思いついた新技術。
枠を拡げていうとこうなるか?少し大袈裟過ぎるかなあ。
 ところでこの新建材は先回ご紹介した打放しボードに断熱機能を付与するだけのこと。
なーんだ簡単じゃないか、と直感的に納得。が、どっこい、これがなかなか厄介であったとは、取り掛かって始めて分かった。
打放しボードに「断熱材を処理すれば」が甘かった。結果は打放しボードが塗装合板に化けてしまった!
打放しボードに打放しが無くなったら機能は別にしても外見は唯の羽目板。
 地球温暖化などと大風呂敷を広げた発想が悪かった。
もう少し身近なものの改善として、再出発となる。
もう一度原点に戻って、打放しボードと断熱についての仕組みを御浚(オサラ)い。

打放しボードに備わる各種の機能はそのままでプラス断熱効果。その前に大事なことがあります。
そうです、その断熱方法。
断熱には内断熱と外断熱がありますが、日本では内断熱が主流。
最近この内断熱が見直しされ、外断熱の良さが浸透、脚光を浴びてきました。

 難しい科学的なことは棚に置いて、内断熱と外断熱のメリット・デメリットについて簡単にお話しします。
まず建物の断熱目的は、外気による室温の上下作用を防ぐため。ご存じでしたか?
コンクリートの外壁でお話すると、屋外が冷えると同じ様にコンクリートが冷やされるのが内断熱。
ところが外断熱方法は屋外が冷えても断熱材が保温の役目をしてコンクリートを冷やしません。
そこのところが大きな違い、そればかりではありません。
絵をご覧下さい。
e0030813_7353172.jpg

 内断熱は困ったことに冷えた外壁コンクリート内側に結露することです。
結露するとコンクリートは湿気を吸水して、やがてカビやダニの繁殖のもとになります。
押入などがカビ臭いいやなにおいがしてくる、それですよ。
もう一つ、内断熱は内側に断熱材を取り付けるため、その分室内が狭くなることです。
 打放しボード外断熱タイプをご理解いただくために、ここまでのことは簡単な基礎知識として大切なことと思いましたので。
一寸前書きが長すぎたかなぁー!本題は次回にします。
今回のことを頭の片隅に仕舞っておいて下さい。また、来週まで
[PR]
by pikayoshi72 | 2005-10-17 07:37 | ブログ

第十三話 写真で見る「ノンクリート打放しボード」

材料や機能といった堅苦しいお話しは前回で終わりとして、今回は見て楽しむ写真で
ご紹介します。
 ノンクリート打放しボードの代表的なものを前回ご紹介いたしましたが、その外建物の形状によって色々なデザインにマッチした「ノンクリート打放しボード」が採用されています。
 取りあえず最近竣工したものをご覧下さい。
e0030813_7405010.jpg

共同住宅のリフォーム重厚感を演出したボード(D-1タイプ)
e0030813_7414565.jpg

珪藻土仕上げに塗装とボードとの組み合わせ(E-1タイプ)
e0030813_7433754.jpg

金属パネルとボードとのコンビネーション(D-2タイプ)
e0030813_744577.jpg

本格的打放しサイズで構成された施工例(D-2タイプ)
e0030813_7444520.jpg

コンクリート調パネルとタイル調パネルとのコンビネーション(E-1タイプ)
e0030813_745977.jpg

遊技場の外壁を飾る打放しボードによる重厚感あるデザイン(Cタイプ)

如何でした?手軽に重厚感ある打放しボードのご紹介、手前味噌すぎたかなぁ!
次回は打放しボードの環境対応型その開発ストーリーのお話し。
お楽しみに!
[PR]
by pikayoshi72 | 2005-10-11 07:46 | ブログ

第十二話  ノンクリート打放しボード

 鉄筋コンクリート作りの打放し建築意外と表面は花車(きゃしゃ)であったとは、“人は見かけによらない”と言うではありませんか?
風雨、日光、湿気など、こんな自然現象に耐えていくには、コンクリートと言えども表面の保護が大切。
今まで無かった幾つかの機能を備えた打放し新建材の代表格“ノンクリート打放しボード”(以下打放しボード)の続きをどうぞ。

厳しい自然現象に影響されることなく健康体を保持するための努力することは人も建物も同じ。
そのためには、この様なコンクリートの劣化作用を跳ね返す保護材を表面に塗って耐久性をアップすること、当たり前ですよね。
そこで打放しボードに打放しコンクリートの表面保護する手法の導入が打放しボードのポイント。
打放しボードが備える劣化対応機能は外見では分かりません。
どうしてって?
ボード表面の処理材以外はすべて透明材料で、その処理材はコンクリート色そのものです。
ですからコンクリート色を隠蔽してしまう材料などは使えません。
そうです、すべて透明でなければいけない訳はそこにあります。
ですから、外見だけではどの様な仕組みで劣化対応機能が備わっているか全くと言っていい位分かりません。
そこで、打放しボードの色々な機能の説明をします。

 ボードは、サイディング系の材料で出来ています。
この材料は吸水する性質を持っています。
吸水は漏水、パネルの変形原因にもなります。
しかも日射を受けないところは水分の蒸発がゆっくりのため湿潤状態になりやすく、カビの発生原因となります。
もうお分かりになりましたね。
ボードそれ自体を吸水しない様にすることです。
これが第1の保護機能。
ボード表面はコンクリートの表面とは違います。
当然のことですが、これをコンクリート色への衣替えを2回塗布。
これが第2の機能。
第3は斑模様の形成です。
比較的気がつかないところ。
最後は長持ちする防水と汚れ防止機能付与で終わり。

 これらの機能はボード表面を打放しコンクリート表面に仕立てる大事な要素。
その全てを満たして始めて“ノンクリート打放しボード”となります!
よりリアルな打放しボードとするための必須条件が透明材料でなければならない理由は、ここにあります。
このように積み重ねられた各々の機能は、外見では全く分からないため詳しくお話しました。
くどかったかなあ?
あっ!忘れてました。このボードの打放しならではの特徴をお話しします。
1.ボードの大きさは3尺×6尺(910mm×1820mm)、この大きさは本物の打放しコンクリートの型枠サイズ。
2.リアルな打放しコンクリートの意匠性を形成するPコン。
これらの特徴は打放しコンクリートの外見上、不可欠な要素です。

打放しボードの真価は、小さな店舗や住宅でも簡単に打放しコンクリート調建築が出来ること。
しかも、快適空間の実現、更に長期にわたる耐久性が打放しボードには備わっていることです。
 これぞ“ノンクリート打放しボード”の真骨頂です。
e0030813_16111021.jpg

 今までお話した打放しボードの備えた各機能の成果をまとめると、こんな風になります。
1.手軽に打放しコンクリート調の小規模建築が出来る。
2.ボード自体が吸水しないため室内の湿気が少ない。
3.湿気によるカビやダニの繁殖を抑制。
4.快適空間の実現
5.フッ素樹脂の防水効果が大きく長期耐久性が向上。

 どうでしょうか、打放し新建材の多機能ぶりは!
次回は、その打放しボードを建物の写真でご紹介します。
[PR]
by pikayoshi72 | 2005-10-03 16:14 | ブログ