「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:ブログ( 264 )

「打放しコンクリートと共に」 その(122)

 こんにちはpikayoshi72です。

 本日紹介します内容は2010年10月15日発行のの建築仕上技術10月号で、特集:室内空間を豊かにする内装塗り仕上げと題して「小規模打放し建築に対応するノンクリート打放し意匠仕上げシステム」を2回に分けお送りします。
今回はその第1回、「1.始めに」から「4.美観の維持保全対策」までをご紹介します。
e0030813_7405057.jpg

1.はじめに
 1950年代初期の打放しコンクリートは小幅杉板型枠によるものが主流で、その建築物は美術館や公的機関に属する限られた建築物に多く採用されて来た。荒廃した戦後の社会から高度成長経済に合わせて著名な建築家が輩出、嘗て見られなかった打放しコンクリートを採用、歴史的建造物と言われる作品を数多く残した。その威容は多くの人々の心を引きつけ魅力ある建築物として今日に至るも、その存在感は確固たるものとしている。
 本稿は内外装に打放しコンクリートの意匠性と質感を付与する新建材と工法について紹介する。

2.打放しコンクリート型枠の変遷
 初期コンクリートの原点とされた小幅杉板型枠は、和風建築の意匠性を取り入れたものとして高い評価を得た。その後次世代を引き継ぐ近代的な型枠としてベニア(合板)型枠による打放しコンクリートが登場した。小幅杉板型枠による建築とは全く異なる意匠性に一時は驚きと共に、より近代的な作品が期待されたが、表面の粗雑さと型枠模様の乱雑が嫌われ、程なく打放しコンクリート型枠から脱落し姿を消した。日進月歩の打放し現場では打放しコンクリート打設時の課題として、型枠に囲まれ目視不可能な作業によって生じるコンクリート表面の不具合がある。こうしたなか登場して来たものが透明のプラスチック型枠である。平滑な表面と打設するコンクリートを目視しつつ進める作業は、画期的な型枠として大いに期待された。しかし、このプラスチック型枠は繰り返しの使用によってコンクリート打設時の摩擦が表面を磨硝子状とし、透明性が喪失し期待された打設改善には寄与する事が出来ないものとなり姿を消す破目となった。
しかし、打放しコンクリートはこの様な困難な作業環境下に於いても、その魅力は失うことはなかった。現場の声に呼応して今迄の満たさざる型枠の歴史を担い、しかも課題とされた表面の意匠性の向上と欠陷に耐えうる革新的な型枠として樹脂塗装合板が登場した。表面は輝きを擁し美しい打放しコンクリート作品が斬新な建築家の台頭で更生り一気に市民権を手にした。

3.多様化する打放しコンクリートの意匠性
 生活環境の多様化と相俟って斬新さを具備した打放しコンクリートは多くの人々の心を執え、限られた分野の建築から一般市民にまで拡大、店舗の内外装から住宅にまで波及身近な存在となった。意匠性も初期の小幅杉板型枠にも遡り再び打放しコンクリート意匠の回顧復活が話題となった。

4.小規模工事に打放し意匠性 
 小規模の打放しコンクリート住宅や店舗は、工期と費用がネックとなり、厳しい経済情勢の中では可成りの負担となるため、小規模の現場では打放しコンクリートの採用は、一進一退の状況であった。
 安価で容易に施工可能な打放し意匠性と質感を具備した仕上げ技術は、今迄にない分野を生み出し新しい建築デザインとして関心を呼び起こした。

5.打放し意匠を具備した新建材と工法 
 この様なことを背景として、小規模の建築内外装に耐え得る打放しコンクリートの意匠性を具備した新建材と現場施工による新工法が開発された。今までの打放しコンクリートが手短でより身近なものとなり、工期の短縮と工費の低減により拡大の傾向を見せている。

 次回は、月刊建築仕上技術2010年10月号、の最終回、特集:室内空間を豊かにする内装塗り仕上げ、「小規模打放し建築に対応するノンクリート打放し意匠仕上げシステム」「6.打放し内外装建材と多様化した意匠性」から「8.おわりに」をご紹介します。

中国からのレアアース(希土類)輸入をめぐり、欧州でも懸念が高まっているそうです。とくに日本と同じく自動車や電機が主要産業であるドイツでもその状況が顕著で、輸入先を多様化するため、未来の産地への期待感も出てきたとのこと。日本も輸入先の多様化先としてインド、ベトナム等色々産地を模索している状況のようです。

それでは次回をお楽しみに!

打放しコンクリートについてもう少し詳しく知りたい方はこちらへどうぞ!
[PR]
by pikayoshi72 | 2010-11-08 07:41 | ブログ

「打放しコンクリートと共に」 その(121)

こんにちはpikayoshi72です。

今回は月刊建築仕上技術7月号の最終回、「5.光触媒の機能」から「6.おわりに」までをご紹介します。

5.光触媒の機能
 光触媒の塗布面に紫外線が当たると光触媒反応が起き、酸化力により塗布面に接触する有機物を分解する。例えば有機物としてカビ、細菌、藻、ウィルス、油脂、排気ガス、タバコの煙とヤニ、VOC、悪臭(アンモニア)などである。
 光触媒反応は酸化チタンを消費しないので反応による酸化力は減退しない。したがって、反応は半永久的に継続し酸化力による浄化作用も持続する。
 一般的に都市部での外壁の汚れは、油脂分とともにカーボンなどが付着した汚れが多く、光触媒によりこの油脂分が分解されて汚れ成分の付着力が弱められ雨により洗い流される。
e0030813_9445892.jpg

6.おわりに
 打放しコンクリート建築物のリニューアルに際して耐震性、耐久性、美観の維持を計るため、次のような機能が求められる。
 その主たるものは予測される地震災害に対する耐震補強である。特に打放し建築物においては耐震補強によって意匠性が著しく変わる部位が発生することがあり、この部位に対して違和感のない仕上げを施す必要性がある。
 都市部の環境悪化に伴う、打放しコンクリート表層面の汚れの付着は単なる美観を損ねるに留まらず、建築物としての品質まで低下させる。留まることのない環境汚染に対して光触媒の効果は十分期待ができる。
 本システムを構成する再生工法は文化遺産とも言われる本建物の風化と劣化損傷に対して劣化度の評価と判定に従った軽、中、重のシステム工法による汚染対策を施したところに特長がある。
 光触媒機能付与による表層面の付着汚染物の分解作用と親水性によるセルフクリーニング機能は、打放しコンクリート建築に求められた表層面の美観の保持と耐久性を両立させ、品質の維持保全を確保、良好な周辺環境の維持向上にも寄与した再生新システム工法である。
e0030813_9455780.jpg

 次回は、月刊建築仕上技術2010年10月号、特集:室内空間を豊かにする内装塗り仕上げと題して「小規模打放し建築に対応するノンクリート打放し意匠仕上げシステム」を2回に分けご紹介します。

10月14日午後2時40分ごろ、静岡市の工場で「高所作業車のゴンドラと、天井の鉄骨に男性2人が挟まれた」と119番があった。2人は工場内の火災報知機の設置を請け負っていた静岡市の白川幹彦さん(66)と、山下勝巳さん(60)で、間もなく死亡した。静岡県警清水署は事故とみて詳しい原因を調べている、とのことです。当社も仕事柄、高所作業車を使用することがあります。十二分に気をつけなければ、、、

それでは次回をお楽しみに!

打放しコンクリートについてもう少し詳しく知りたい方はこちらへどうぞ!
[PR]
by pikayoshi72 | 2010-11-01 09:49 | ブログ

「打放しコンクリートと共に」 その(120)

こんにちはpikayoshi72です。

皆さんお久しぶりです。
ブログを休刊したのが今年の4月19日ですから、丁度半年ぶりの再開となります。
本日紹介します内容は2010年7月号の建築仕上技術7月号です。本書を2回にわけお送りします。
今回はその第1回、「1.始めに」から「4.美観の維持保全対策」までをご紹介します。
e0030813_9185227.jpg

1.はじめに
 芦屋市民センターは1964年、建築家坂倉準三の設計による市民センター本館を始まりとして、1969年には日本で最初の本格的アダプタブルシアターとしてルナホール、1976年に市民センター別館がオープンした。その後、利用要望に合わせて種々の改修を経て、現在でも芦屋市民に愛され活用されている建築である。本館、別館の耐震補強を機にルナホールも含めた外壁の復元と保存を終え、2011年3月にリニューアルオープンした。
 本稿は、国内では数少ない初期の打放しコンクリート建築として、単に美観と機能回復に留まらず、外壁を構成する打放しコンクリートを竣工当初の形、色及びテクスチャーになるべく戻す再生と保存を目的とした仕様による再生工法を採用、そのリニューアルの流れを紹介する。
 日本におけるDOCOMOMO145選の作品である。

[工事概要]
 発注者:芦屋市
 設計・監理者:(株)坂倉建築研究所大阪事務所
 本館:RC造 4階 棟屋1階 延床2942㎡
    工期(2009年12月~2010年3月)改修外壁面積 1820㎡
 別館:RC造 4階 棟屋1階 延床3520㎡
    工期(2009年9月~2009年12月)改修外壁面積 2340㎡
 ルナホール:RC造 4階 地下1階 延床3888㎡
    工期(2010年1月~2010年3月) 改修外壁面積 2396㎡
打放し仕様:杉板(本実)、杉板(バラ板)一部コンパネ型枠

2.現状把握
 工事に先立ち現状を把握するため外壁の劣化状況を確認し、打放しコンクリート表層面に表れた劣化損傷レベルを軽度・中度・重度の3種に分類し、再生工法の劣化度に対応したシステムの選定資料に供した。
1)劣化度・軽度
 表層面に現れた劣化症状として、汚れの付着と防水機能の低下である。打放しコンクリート表層面は雨水によって濡れ色を呈し、微細なひび割れからはエフロレッセンスの流下と汚染を示す黒色の汚れの付着がある表層面を軽度とする。
2)劣化度・中度
 劣化状況の内、表層面の汚れ、ひび割れ、モルタル補修跡、木コン跡、浮き、欠損、エフロレッセンス及び摩耗が確認された表層面を中度とする
3)劣化度・重度
 劣化度・軽及び中度に加え、表層剥離によるコンクリート片の落下と雨水の浸透などによる漏水や鉄筋の錆化膨張による露出鉄筋が確認された表層面を重度とする。

3.劣化度対応再生工法の分類と概要
 劣化度の分類より表層面の再生方法を以下のように分類した。
 1)劣化度・CWシステム(軽度)
  表層面が汚染物の付着により美観が損なわれ、躯体を保護する防水機能の低下が認められるもので、表層面を高圧洗浄により汚染物を除去する。
2)劣化度・FMシステム(中度)
 表層面を生かしつつ劣化損傷に対して、限定消去法を導入、損耗した型枠模様を補正する。
3)劣化度・若返りシステム(重度)
 劣化損傷が重度と診断されたもので、打放しコンクリート表層面に生じた各種の損傷に対し根本より補修・修整を施し、竣工当初の型枠模様を復元蘇らせる。

劣化度に応じた再生工法は上記のように三種に分類施工し、各システム共防水機能を付与するために水性フッ素樹脂をコーティングする。

4.美観の維持保全対策
 再生工法によって復元した芦屋市民センターは、打放しコンクリート外壁の美観維持と保全管理を目的に光触媒を採用している。本光触媒は防水機能を保護するためのバリヤー材は必要なく新開発された光触媒(フッ化アパタイトを被覆した二酸化チタン)である。
 フッ素樹脂防水材との付着性は良好で打放しコンクリートの質感、意匠性を損なうことのないセルフクリーニング機能を具備したものである。

 次回は、月刊建築仕上技術2010年7月号、「由緒ある打放し建築の再生と保存について」の最終回、「5.光触媒の機能」から「6.おわりに」をご紹介します。

改正臓器移植法が2010年7月に施行。年齢制限が撤廃され、家族の承諾があれば臓器提供が可能になりました。

それでは次回をお楽しみに!

打放しコンクリートについてもう少し詳しく知りたい方はこちらへどうぞ!
[PR]
by pikayoshi72 | 2010-10-25 09:24 | ブログ

「打放しコンクリートと共に」 その(119)

 こんにちはpikayoshi72です。
 今回は、月刊建築仕上技術2009年7月号、特集:コンクリート素地を生かす仕上げ材料・工法最新動向「打放しコンクリート最新システムの融合」を2回に分けお送りします。

 今回はその最終回「4.施工工程」から「6.おわりに」までをご紹介します。

4.施工工程
 若返りシステム・FMシステムの各フローチャート(図-2)
e0030813_7252110.jpg

4-1.下地処理
 各システムの施工に先駆け素地調整・劣化処理の施された躯体に対し、中性化の抑止としてNY-606を含浸塗布する。表層面のコンクリート強化処理後、若返りシステムの対象部位にはNY-8000による表層塗膜。FMシステム対象部位にはNY-7090による表層処理とする。
4-2.意匠の復元
 施工前後の写真(写真-2,3)が示すように、若返りにはよりリアルな小巾杉板型枠の意匠造成、FMシステムには劣化部処理跡のみを補正する限定消去が施され意匠復元する。この後、双方の仕上げを生地調整によってバランスアップする。(写真-4,5)
e0030813_725436.jpg

4-3.トップコートの選択
 トップコートは水性アクリルシリコン、又は水性フッ素樹脂系クリアである。何れのトップコートも艶消しで樹脂塗装合板型枠に用いられる艶有りは、本打放しには不適である。打放しコンクリート仕上げ材としても実績のあるこれらのトップコートによって防水性・耐候性は付与される。(更なる強力なセルフクリーニング機能を必要とするケースでは光触媒材を施す。)

5.施工後
 施工後の状況(写真-6,7)
e0030813_7261387.jpg

6.おわりに
 文化財として残される打放しコンクリート建築の多くは小巾杉板型枠によるものが多い。樹脂塗装合板による打放しコンクリートとは全く質感が異なるだけでなく意匠性の復元には特別な技術が求められる。初めて携わった打放しコンクリートは杉板の型枠模様で繊細にして和を醸し出す風情が強く印象に残っている。
本作品の小巾杉板型枠による打放しコンクリートは、40年余りの歴史を重ね劣化損傷はその証でもある。この打放し建築に対し、単なる補修にとどまらず劣化状況を見極め、再生復元には従来の手法から脱皮して、部位や面によって適切な工法をセレクトすることが重要である。細やかな調査と計画が新たなシステムの融合によって文化財としての打放し建築の再生維持保全が全うされたといえよう。

この年にトッピクス

3月5日~23日会期で開かれた第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に於いて、 23日(日本時間24日)、ロサンゼルスのドジャースタジアムで決勝が行われ、日本代表は韓国に勝利し、大会連覇を達成しました。

 「コンクリートこぼれ話」を末永く購読されていただいた皆様方へ、ご報告がございます。

 コンクリートこぼれ話の創刊は2005年7月20日で当時はタイトルもなく始めました。
2005年8月16日号から「わが茨の開発ストーリー」と題して新たにスタートし、その後は「仕事探し」、「打放しの知識を深める」等、打放しコンクリートを専業とする切っ掛けを綴りました。
 「コンクリートこぼれ話」と題して始めたのは2005年12月26日からで、以後、現在に至るまで題名を「打放しコンクリートと共に」と変え、延べ143話となりました。
今後につきましては、一旦「休刊」とし、装いも新たに始めたいと思います。
これまで「打放しコンクリートこぼれ話」を購読頂いた皆様方に深く感謝すると共に、次回作にこうご期待!皆様、本当にありがとうございました。
See you again! Good luck!
[PR]
by pikayoshi72 | 2010-04-19 07:29 | ブログ

「打放しコンクリートと共に」 その(118)

 こんにちはpikayoshi72です。

 今回は、月刊建築仕上技術2009年7月号、特集:コンクリート素地を生かす仕上げ材料・工法最新動向「打放しコンクリート最新システムの融合」を2回に分けお送りします。
今回はその第1回「1.始めに」から「3.劣化状況とセレクト」をご紹介します。

1.はじめに
 歴史的建造物には打放しコンクリートによるものが多い。1964年名古屋大学東山キャンパスに建てられた古川記念館は、老朽化と耐震性が懸念され、これらを背景として2008年リニューアルが実施された。
 本打放しコンクリートの特長は小巾杉板型枠による打放しコンクリートであること。国内では数少ない初期の打放し建造物で後生に伝える文化財と位置づけ、単なる改修工事でなく、意匠性・耐久性に重点がおかれ歴史的建造物として施工されたものである。

2.システムの融合
 通常、経年劣化した打放しコンクリートに対し、事前調査結果をもとにその劣化度に応じた工法の選択をする。本作品は文化財を念頭に置き従来の手法に囚われることなく若返りシステムとFMシステムを機能的に採用することとした。
 前者は築後30年以上経過したもの、後者は10年前後が対象となる。古川記念館は博物館としても使用されることから、現存の風情を維持しつつ劣化部の修復と素地の持つ質感を回復し蘇生させることを目標とした。この二つのシステムを組み合わせることにより、小巾杉板型枠による打放しの意匠性を復元し質感も醸成される。本作品に限らず打放しコンクリートの劣化要因には、日照・風雨・排気ガス・振動・寒暖差など複数の環境条件に曝され部位によって色調と劣化の度合いに著しい差が生じる。本融合工法に於ける施工上の課題は、表層面の色調である。日射を強く浴びた南面と日射の少ない北面とは、色調が異なることである。この色調と劣化度合のレベルを判定し、著しい部位には劣化処理を主軸とした若返りシステムを、劣化の穏やかな部位には維持保全を主軸としたFMシステムをセレクトすることによって均衡のとれた仕上げが可能となる。

3.劣化状況と工法のセレクト
 本作品の施工対象部位は梁・柱及び垂れ壁である。写真-1のように風雨にさらされる垂れ壁の表層面の劣化は著しく、表層剥離が進行し、素地の小巾杉板模様の質感は完全に消失している。一方で風雨の影響を受けにくい内側の梁・柱は、経過年数に比較して表層面は汚れの付着以外は健全な状態を保っている。そこで表層面の強化活性化と、美観の回復及び維持保全に供するためのシステムのセレクトにより、外梁の梁底部を2システムの境界とし設定した(図-1)。
e0030813_7132511.jpg

 次回は、月刊建築仕上技術2009年7月号、特集:コンクリート素地を生かす仕上げ材料・工法最新動向「打放しコンクリート最新システムの融合」の最終回、「4.施工工程」から「6.おわりに」をご紹介します。

  8月30日第45回衆議院議員選挙が実施され、その結果民主党は過半数(241議席)をはるかに上回る議席を獲得し政権誕生が決まった。一政党の獲得議席としては戦後最多。自民党は公示前の300議席から激減、保守合同(1955年)以来、最低議席の惨敗。公明党も8小選挙区すべてで落選し10議席減の敗北。 [自民]119、[民主]308、[公明]21、[共産]9、[社民]7、[国民]3 。さーてと、現在、皆さんは民主党をどのように評価されていますか?

 それでは次回をお楽しみに!

 打放しコンクリートについてもう少し詳しく知りたい方はこちらへどうぞ!

犬のおしっこでお困りの方へ朗報!


 住宅の塀、石垣、電柱などに毎日繰り返される犬のおしっこ(マーキング行為)でお困りの方に朗報です!
当社メルマガにご登録頂いている皆様方限定でお試しサンプルを送料無料!でご案内します。
当忌避剤は先に開発販売中の商品、落書き貼り紙防止対策システム「CDFシステム」(国交省NETIS新技術登録番号:CB-080037-A)、(JR東日本共同開発)の開発途次に生まれたものです。

仕様・用途
荷 姿:200cc細口びん(ポリ容器)
内容量:150ml
適用ヶ所:各種塀、電柱等、犬が頻繁におしっこ(マーキング)をするヶ所
価 格:サンプル品に付き無料(送料含みます)
塗布量:150ml/平方メートル
使用方法:1.塗布面に対して束子などを使用し水洗い
       2.乾燥後、忌避剤を刷毛等で塗布
       3.乾燥すれば完了

 サンプルのご請求はこちらから
こちらから「忌避剤のサンプルを請求」と記入の上、ご請求下さい。
[PR]
by pikayoshi72 | 2010-04-12 07:16 | ブログ

「打放しコンクリートと共に」 その(117)

 こんにちはpikayoshi72です。

 今回は、月刊リフォーム2008年8月号、特集:省エネルギーの先端技術を探る、「次世代省エネを具備したリニューアルシステム工法、打放しコンクリートEcoシステム」の最終回「4.Ecoシステムの流れ」から「7.おわりに」をお送りします。

4. Ecoシステムの流れ
 外観調査報告書に基づき省エネ工法を選定する。
 施工は図-1の順序で行う。
①表層面の素地調整は高圧水または温水による洗浄。
②洗浄乾燥確認後、NY-606(表面強化剤)を含浸塗布。
③表層面全域に散在する劣化箇所の調合樹脂モルタルによる処理。
④NY-ヒートカット(遮熱調合材)の全面塗工。
⑤型枠模様の造成
⑥高耐久性防水材・フッ素樹脂またはアクリルシリコン樹脂の選定塗布。
⑦NY-セラクリーンまたは光触媒の選定塗布。
 各工程に要する乾燥養生に十分配慮し各工程毎に検査の上、次工程の施工をするものとする。
e0030813_717232.jpg

5.NY-ヒートカットの機能
 劣化損傷した打放しコンクリート表層面を強固な樹脂モルタルで修整後、全面にわたりNY-ヒートカット(遮熱フィーラ)を塗工する。NY-ヒートカットは打放しコンクリート表層面の色調に合わせ、意匠性回復を可能とした遮熱性の高いフィラーで構成され、打放しコンクリート表層面の意匠性と色調に適合させたものである。NY-ヒートカットは太陽光スペクトルのうち高い熱作用の近赤外線を効率よく反射・散乱させ太陽熱を抑制するため、遮熱効果が大きく温度を10℃~20℃程度まで低減させる機能をもつ。しかもトップコートにNY-セラクリーン(または光触媒)の採用によって汚染物質は降雨によって流されてしまうため、汚染物質の付着がない表層面は太陽熱が吸収されにくく遮熱効果は大きい。

6.立地環境とセルフクリーニング
 市街地の密集した建物に囲まれて立地する打放しコンクリートは、終日日射の当たらない部位がある。光触媒(図-2)は表面に太陽光が照射されることによって、表面に水酸基が発生し親水性となる。
e0030813_7174462.jpg

 この親水性の雨水が光触媒の作用で分解された汚染物の間に流入し付着した汚染物を流しおとす。一方、日射の届かない立地条件下にある光触媒の汚染除去作用は低減される。NY-セラクリーン(表-2)はこの様な立地条件下であってもセルフクリーニング機能に支障のない特長をもつ、メチルシリケートを特殊な条件で加水分解した無機コーティング材で、トップコートとして塗布することによって無色透明の親水性塗膜を形成し、光触媒と同様に付着した汚れは雨水によって除去される。(表-3)
e0030813_7181235.jpg

7.おわりに
 打放しコンクリートの省エネ・エコ対策は、避けて通ることが出来ないところまで来た。深刻化する温暖化現象は生活環境の悪化を招き、それに伴う多様な劣化作用は打放しコンクリート表層面を直撃し、美観の喪失と耐久性の低下を招く。打放しコンクリート表層面を遮熱し温度抑制と自浄機能を付与することによって、生活環境と汚損の改善が計られる。
 NY-セラクリーン(または光触媒)による打放しコンクリート表層面のセルフクリーニング機能は汚れの除去による美観の回復に止まらず、クリーニングに要する経済的損失とエネルギーの消費を抑制し、生活環境の向上に果たす役割は大きいといえる。今日まで打放しコンクリートの宿命とされてきた劣化汚損に対し、遮熱機能とセルフクリーニングの具備実用化によって、抱える温暖化対策に伴う省エネ・Ecoに一歩近付けたといえるのではないだろうか。

 次回は、月刊建築仕上技術2009年7月号、特集:コンクリート素地を生かす仕上げ材料・工法最新動向「打放しコンクリート最新システムの融合」を2回に分けお送りします。

 さて、この年の重大ニュース、9月1日、福田首相は首相官邸で記者会見し「この際、新しい体制の下、政策実現を図らなければならない」と述べ、退陣を表明した。
総理の言葉は「ひとごと」のように聞こえると言われ、「私は自分自身を客観的に見ることができるんです。あなた方とは違うんです」と言った。あ~ぁ、日本の政治はどうなるのでしょうか?


 それでは次回をお楽しみに!

打放しコンクリートについてもう少し詳しく知りたい方はこちらへどうぞ!

犬のおしっこでお困りの方へ朗報!


 住宅の塀、石垣、電柱などに毎日繰り返される犬のおしっこ(マーキング行為)でお困りの方に朗報です!
当社メルマガにご登録頂いている皆様方限定でお試しサンプルを送料無料!でご案内します。
当忌避剤は先に開発販売中の商品、落書き貼り紙防止対策システム「CDFシステム」(国交省NETIS新技術登録番号:CB-080037-A)、(JR東日本共同開発)の開発途次に生まれたものです。

仕様・用途
荷 姿:200cc細口びん(ポリ容器)
内容量:150ml
適用ヶ所:各種塀、電柱等、犬が頻繁におしっこ(マーキング)をするヶ所
価 格:サンプル品に付き無料(送料含みます)
塗布量:150ml/平方メートル
使用方法:1.塗布面に対して束子などを使用し水洗い
       2.乾燥後、忌避剤を刷毛等で塗布
       3.乾燥すれば完了

サンプルのご請求はこちらから

こちらから「忌避剤のサンプルを請求」と記入の上、ご請求下さい。
[PR]
by pikayoshi72 | 2010-04-05 07:20 | ブログ

「打放しコンクリートと共に」 その(116)

 こんにちはpikayoshi72です。

 今回は、月刊リフォーム2008年8月号、特集:省エネルギーの先端技術を探る、「次世代省エネを具備したリニューアルシステム工法、打放しコンクリートEcoシステム」を2回に分けご紹介します。本日はその前編「1.はじめに」から「3.調査結果と劣化要因の推定」をお送りします。
e0030813_7141085.jpg

1.はじめに
 打放しコンクリート素材のもつ量感と建築作法は、端正な空間と自然環境を演出、癒しを醸し多くの人々を魅了する。然るに近年の地球規模に拡がりをみせる温暖化と環境汚染は表層面を仕上げとした打放しコンクリートに計り知れない悪い影響を与え劣化損傷は拡大の一途をたどっている。
 表層面の汚れおよび劣化損傷の防止を行うことは、美観と耐久性を維持保全していく上で不可欠の要素である。
 本システムは、過去40年余の実績を積み重ねた打放しコンクリート仕上げの施工物件より、経年劣化の実態を追跡調査しその成果を基に省エネ・エコに対応した打放しコンクリートの新リニューアル手法を構成したものである。経年劣化した打放しコンクリートを躯体より強化し、表層全面を一新、意匠性の回復はもとより遮熱・汚染防止機能を新たに具備した省エネ・エコ対応型システムである。

2.外壁調査
 打放しコンクリートの外壁調査には、汚れが目立って来た、漏水がある、コンクリート片が落ちて来たなど、美観の低下と安全性に問題が生じてきたことが端緒となる。
打放しコンクリートは躯体そのものが仕上であるため、表層面は脱型直後より絶え間ない厳しい外部環境に曝され、その影響は汚染や劣化損傷へと繋がる。
調査計画に基づき、現地調査を実施する。表層面の調査内容はひび割れ、露出鉄筋や欠損など表層面の不具合をメインとして表-1に示す内容に従い実施する。 (写真①露出鉄筋 ②ひび割れ③モルタル補修跡 ④欠損)
e0030813_7143376.jpg

e0030813_7145619.jpg

e0030813_7151599.jpg

3.調査結果と劣化要因の推定
 確認された劣化損傷の主たるものは、汚れの付着、ひび割れ、漏水、剥落、鉄筋腐食などである。
 汚れの付着は、表層面が風化し砂アバタ状を呈し、多孔質で吸水性・保水性のある部位である。日射の少ない北面に多く認められる、ひび割れは温度による伸縮、不同沈下や凍害などによって発生する。
 漏水は屋根防水やシーリングの劣化によるものの外、外壁のひび割れに起因することが多い。ひび割れは漏水に留まらず内部の鉄筋を腐食させ、その膨張圧によるかぶりコンクリートを剥落させる。

 次回は、月刊リフォーム2008年8月号、特集:省エネルギーの先端技術を探る、「次世代省エネを具備したリニューアルシステム工法、打放しコンクリートEcoシステム」を2回に分けご紹介します。次回はその最終回「4.Ecoシステムの流れ」から「7.おわりに」をお送りします。
 お楽しみに!

 さて、この年の重大ニュース、1月29日 中国の「天洋食品」が製造し日本たばこ産業の子会社「ジェイティフーズ」が輸入した冷凍ギョーザを食べた千葉、兵庫両県の3家族計10人が下痢や嘔吐などの中毒症状を訴え、このうち、女児(5)ら3人が一時重態になっていたことがわかった。 鑑定結果、有機リン系の殺虫剤「メタミドホス」が検出された。その後、各食品会社による自主回収が行われ、健康被害の訴えが相次いだ。

 それでは次回をお楽しみに!

 打放しコンクリートについてもう少し詳しく知りたい方はこちらへどうぞ!

犬のおしっこでお困りの方へ朗報!


 住宅の塀、石垣、電柱などに毎日繰り返される犬のおしっこ(マーキング行為)でお困りの方に朗報です!
当社メルマガにご登録頂いている皆様方限定でお試しサンプルを送料無料!でご案内します。
当忌避剤は先に開発販売中の商品、落書き貼り紙防止対策システム「CDFシステム」(国交省NETIS新技術登録番号:CB-080037-A)、(JR東日本共同開発)の開発途次に生まれたものです。

仕様・用途
荷 姿:200cc細口びん(ポリ容器)
内容量:150ml
適用ヶ所:各種塀、電柱等、犬が頻繁におしっこ(マーキング)をするヶ所
価 格:サンプル品に付き無料(送料含みます)
塗布量:150ml/平方メートル
使用方法:1.塗布面に対して束子などを使用し水洗い
       2.乾燥後、忌避剤を刷毛等で塗布
       3.乾燥すれば完了

 サンプルのご請求はこちらから
  こちらから「忌避剤のサンプルを請求」と記入の上、ご請求下さい。
[PR]
by pikayoshi72 | 2010-03-29 07:18 | ブログ

「打放しコンクリートと共に」 その(115)

 こんにちはpikayoshi72です。

 今回は、月刊建築仕上技術2008年7月号特集:外壁汚れ防止材料の新たな展開、「打放しコンクリートの落書き・貼り紙対策システムについて」を読み切りで、ご紹介します。
e0030813_7525634.jpg

1.はじめに
 落書きや貼り紙は世界各国の都市建造物に蔓延し、国内においても繁華街、公園や道路擁壁など至るところに書かれ、美観を損ない周辺環境を悪化させるなど社会問題となっている。
 これらに対応した落書き・貼り紙対策が講じられているが、今日に至るも効果的な抑制防止策や対応機能を有した手法は未だ実用化の域に達せず、市民運動やボランティアの奉仕活動による塗装作業で凌いでいるのが現状だといわれている。
 打放しコンクリートに於いても落書き・貼り紙による被害は増加の傾向にある。
 躯体表面が仕上げである打放しコンクリートにあっては、その表面をラッカースプレーや油性マジック等で書かれた落書きや強固な糊による貼り紙などの消去、除去はその方法によって著しく打放しコンクリート表面を損ない原状回復が困難となる。
 この様なことを背景として開発された落書き・貼り紙対策システム「CDFシステム」について述べる。

2.落書き・貼り紙の現状
 打放しコンクリート表面にラッカースプレーや油性マジック等による落書きは、溶剤(シンナー)などによって消去する方法と全面塗装が一般的に行われている。
 落書き消去に使用される溶剤や消去剤は、落書きに直接塗布し溶解させて消去するが、打放しコンクリート表面に塗布された溶剤の一部は表面より内部へ浸透し、落書き・貼り紙除去跡を如実に示す染みが発生する。しかも除去に要する溶剤の量によって痕跡は拡大することが多い。
 一方、貼り紙は付着力の強い糊を使用しているため容易に剥がし取ることが出来ず、剥がしても貼り紙の一部と糊は打放しコンクリート表面に残存し、原状回復は不可能となっているのが現状である。

3.CDFシステムの構成
 打放しコンクリート表面を対象としたシステムの構成は図-1の通りである。
e0030813_7531828.jpg

4.システムの概要
 新設打放しコンクリートでは躯体保護並びに防水を目的とした塗膜材を下地層とし、落書きされ難い表面形成を目的としたNY-3000S撥水型防止層から構成される。落書き・貼り紙に対する防止層を形成し、ペンキやスプレーなどの落書きと貼り紙に使用される糊の浸透・固着を抑制し落書き・貼り紙されにくい表面を形成する。落書きされても専用除去剤で簡単に消去でき、貼り紙も手で容易に剥がすことが出来る。(図2左側参照)
 又、経年劣化した打放しコンクリートの表面は部位によって、表層のセメント成分が風化しポーラスな祖面を呈し、防水性能の喪失は勿論のこと吸水性の高いコンクリートと化しているなど、多様な表面を形成しているため、表面劣化状況に応じた不陸調整を施す。(図2右側参照)
e0030813_7534274.jpg

5.システムの効果
 本システムは落書き・貼り紙の反復消去・除去性に優れているため、落書きを何度されても簡単に消去出来、繰り返し貼り紙されても容易に剥がすことが可能で、しかも打放しコンクリートに求められる表面に残存する痕跡が皆無であることにある。この結果、落書き・貼り紙は激減し消去除去に要する大幅なコスト節減が図られる。さらに本システム施工面に落書き・貼り紙をされても意匠性・耐候性を損なうことなく消去・除去出来る機能を有したのが本システムの特長である。
e0030813_7542333.jpg

e0030813_7544373.jpg

6.おわりに
 意匠性を著しく阻害する打放しコンクリート表面の落書き・貼り紙は本システムの採用により、消去・除去方法に留まらず、抑制効果まで及び懸案とされてきた課題に一筋の光明を与えるものである。一部ではあるが本システム施工後の追跡調査結果、繰り返しの落書きは激減し貼り紙されにくい表面は、強固な糊による貼り紙も容易に手で剥がすことで、その効果が確認されている。本システムの両立した機能による打放しコンクリート表面への落書き・貼り紙防止抑制効果は、顕著で課題に対応したものである。繰り返しの消去・除去にあっても機能の低下は少なく、打放しコンクリートの意匠性の回復と美観の保護に十分耐えうるものである。
 本システムの実用化によって、打放しコンクリートの意匠性を損なう落書き・貼り紙による残存消去不可能な痕跡は解決されたといえる。
 その他、打放しコンクリートに限定されず、市街地に立地する建築物、道路擁壁や鉄道架道橋などにも十分に貢献できることを付記したい。

 次回は、月刊リフォーム2008年8月号、特集:省エネルギーの先端技術を探る、「次世代省エネを具備したリニューアルシステム工法、打放しコンクリートEcoシステム」をお送りします。
お楽しみに!

 さて、この年の重大ニュース、第28回北京オリンピックが8月8日から24日まで行われました。

 それでは次回をお楽しみに!

 打放しコンクリートについてもう少し詳しく知りたい方はこちらへどうぞ!

犬のおしっこでお困りの方へ朗報!


 住宅の塀、石垣、電柱などに毎日繰り返される犬のおしっこ(マーキング行為)でお困りの方に朗報です!
当社メルマガにご登録頂いている皆様方限定でお試しサンプルを送料無料!でご案内します。
当忌避剤は先に開発販売中の商品、落書き貼り紙防止対策システム「CDFシステム」(国交省NETIS新技術登録番号:CB-080037-A)、(JR東日本共同開発)の開発途次に生まれたものです。

仕様・用途
荷 姿:200cc細口びん(ポリ容器)
内容量:150ml
適用ヶ所:各種塀、電柱等、犬が頻繁におしっこ(マーキング)をするヶ所
価 格:サンプル品に付き無料(送料含みます)
塗布量:150ml/平方メートル
使用方法:1.塗布面に対して束子などを使用し水洗い
       2.乾燥後、忌避剤を刷毛等で塗布
       3.乾燥すれば完了

 サンプルのご請求はこちらから
 こちらから「忌避剤のサンプルを請求」と記入の上、ご請求下さい。
[PR]
by pikayoshi72 | 2010-03-22 07:15 | ブログ

「打放しコンクリートと共に」 その(114)

 こんにちはpikayoshi72です。

 今回は、月刊リフォーム2007年12月号特集:建築物の長寿命化と美観維持―汚れ防止技術をを考える、「落書き・貼り紙対策システムの開発(CDFシステム)」を2回に分けご紹介します。
本日は最終回「5.対策システムの効果」から「9.おわりに」をお送りします。

5.対策システムの効果
 落書き・貼り紙対策システムによる施工後に発生した落書きは,落書き防止層による撥水効果により,塗料の一部は拡散流下し,残存した落書き塗料は容易に極めて短時間で消去した。貼り紙も手によって簡単に剥離され強固な糊の残存もなく除去した。それ以降の落書き・貼り紙は減り周辺住民から高い評価をいただいている。
6.施工実績
 施工実績は表-1の通り。
e0030813_7153432.jpg

7.既存技術との違い
 本対策システムは繰り返しの落書き・貼り紙に対し機能喪失することなく複数回にも対応し,簡単・短時間で落書き・貼り紙が消去・除去が出来ることにある。その都度多くの人々の手を煩わす事なく低コストで良好な環境を維持することが異なるところといえよう。

8.特 長
 特長をまとめると下記のようである。
 ①落書き,貼り紙されにくく,されても簡単消去・除去が可能。
 ②コンクリート面に限らず,タイル・レンガ・鋼材・プラスティック等に施工可能。
 ③下地処理と落書き,貼り紙対策層の形成は一貫施工。
 ④落書き・貼り紙対策層は,耐候性・反復消去・除去性に優れ,長期的効果が持続。
 ⑤リーガル・ウォール(合法的壁画)への施工も可能。
 ⑥専用消去剤で,短時間で簡単に消去可能であるため,消去コストが大幅に軽減。
 ⑦消去剤には水性タイプを採用し,消去しにくいとされるゴールド・シルバーなどのメタリック系塗料
  にも対応。
 ⑧本対策システム施工後,大幅に落書き・貼り紙が減少。(写-①,②,③および④)
e0030813_716772.jpg

9.おわりに
 その後,従来の様な繰り返し行われた落書き・貼り紙は減少し,落書きされ難い表面は強固な糊による貼り紙にも対応し,本対策システムの両立した機能による抑制効果は開発目標を満たすものと思われる。スタートしたばかりで今後どの様に落書き・貼り紙が変化展開されるか予測し難いが,定期的な追跡調査を実施して実態の把握に勤め,より効果的な対策システムの具現化を目指し抑制防止機能を向上させることによって,社会環境の浄化と美観を維持し良好な周辺環境の醸成にいささかでも貢献出来るものとしたい。

 次回は、月刊建築仕上技術2008年7月号特集:外壁汚れ防止材料の新たな展開,「打放しコンクリートの落書き・貼り紙対策システム」を読み切りでお送りします。
お楽しみに!

 さて、この年の重大ニュース、食品偽装問題が次々と発覚し、健康被害はなかったがマスコミが大きく取り上げた。不二家のシュークリーム消費期限切れの牛乳を使用,ミートホープの期限切れの冷凍食品を転売および肉質偽装,白い恋人の賞味期限改ざん,赤福の製造日・消費期限の改ざん,船場吉兆の菓子や惣菜の消費・消費期限の改ざんが発覚,等々!

 それでは次回をお楽しみに!


 打放しコンクリートについてもう少し詳しく知りたい方はこちらへどうぞ!

 
犬のおしっこでお困りの方へ朗報!


 住宅の塀、石垣、電柱などに毎日繰り返される犬のおしっこ(マーキング行為)でお困りの方に朗報です!
当社メルマガにご登録頂いている皆様方限定でお試しサンプルを送料無料!でご案内します。
当忌避剤は先に開発販売中の商品、落書き貼り紙防止対策システム「CDFシステム」(国交省NETIS新技術登録番号:CB-080037-A)、(JR東日本共同開発)の開発途次に生まれたものです。

仕様・用途
荷 姿:200cc細口びん(ポリ容器)
内容量:150ml
適用ヶ所:各種塀、電柱等、犬が頻繁におしっこ(マーキング)をするヶ所
価 格:サンプル品に付き無料(送料含みます)
塗布量:150ml/平方メートル
使用方法:1.塗布面に対して束子などを使用し水洗い
       2.乾燥後、忌避剤を刷毛等で塗布
       3.乾燥すれば完了

 サンプルのご請求はこちらから

 こちらから「忌避剤のサンプルを請求」と記入の上、ご請求下さい。
[PR]
by pikayoshi72 | 2010-03-15 07:19 | ブログ

「打放しコンクリートと共に」 その(113)

 こんにちはpikayoshi72です。

 今回は、月刊リフォーム2007年12月号特集:建築物の長寿命化と美観維持―汚れ防止技術をを考える、「落書き・貼り紙対策システムの開発(CDFシステム)」を2回に分けご紹介します。
本日は第1回「1.はじめに」から「4.対策システムの構成」をお送りします。

1.はじめに
 落書きや貼り紙は国内に留まらず世界各国の都市建造物に蔓延し,大きな社会問題化している。そのための落書き・貼り紙対策が講じられているが,今日に至るも効果的な抑制防止策や対応機能を有した手法は実用化に達せずやむなく放置されている。国内では,落書き・貼り紙に対する自治体や周辺住民の環境浄化の関心は高く,市民運動やボランティアの奉仕活動による塗装作業などで凌いでいるのが現況である。従来から行われているペイントや消去材による応急手当の落書き・貼り紙除去方法は一時的な処置で恒久的な落書き・貼り紙対策が強く求められているのが現状である。

2.落書き・貼り紙の実状
 市街地に位置する鉄道架道橋擁壁のうち,重度の落書きと貼り紙を開発対象とした。実地調査の結果,鉄道架道橋擁壁の表面は落書き・貼り紙の他,粉塵,油分,泥水付着など変質劣化やかび,藻類などの汚れが付着している。このため落書き・貼り紙に留まらず,これらの汚れ除去も含めた対策が不可欠とされた。
以上の課題に対し,建造物の表面処理を起点として本対策システムは落書き・貼り紙の双方に対応するものとした。

3.開発目標
 今回開発された対策システムは,落書き・貼り紙の現状を踏まえ従来より繰り返し行われている落書き消去方法や貼り紙除去方法を根本的に変えるもので,予防的要素を念頭に,落書きされ難いこと,落書きされたとしても簡単に消去できること,また強固に付着した貼り紙も容易に剥離除去され付着した糊などの残存物がなく,しかも繰り返しの落書き・貼り紙に対して長期的に効果が維持されることを目標として開発されたものである。

4.対策システムの構成
 落書き・貼り紙対策システムの概要を述べる。
新設・既設コンクリート構造物に適用可能とし,対象とした落書き・貼り紙対策システムの概念図は下記の通りである。(図-1)
e0030813_795556.jpg

 新設構造物では躯体保護並びに遮蔽を目的とした塗膜材を下地遮蔽層とし,落書きされ難い表面形成を目的としたNY-3000S撥水型防止層から構成され,既設構造物では,コンクリート表面性状に対応した不陸調整層,躯体保護と遮蔽を目的とした下地遮蔽層及び落書き防止層から構成されている。(図-2)
e0030813_7103645.jpg

 次回は、月刊リフォーム2007年12月号特集:建築物の長寿命化と美観維持―汚れ防止技術を考える、「落書き・貼り紙対策システムの開発(CDFシステム)」の最終回をお送りします。
お楽しみに!

 さて、この年の重大ニュース、7月16日,新潟県中越地方で震度6強の地震。柏崎市や刈羽村などで11人が死亡、負傷者多数。柏崎刈羽原発で変圧器火災が発生、微量の放射能を含む水が流出しました。

 それでは次回をお楽しみに!

 打放しコンクリートについてもう少し詳しく知りたい方はこちらへどうぞ!

 
犬のおしっこでお困りの方へ朗報!


 住宅の塀、石垣、電柱などに毎日繰り返される犬のおしっこ(マーキング行為)でお困りの方に朗報です!
当社メルマガにご登録頂いている皆様方限定でお試しサンプルを送料無料!でご案内します。
当忌避剤は先に開発販売中の商品、落書き貼り紙防止対策システム「CDFシステム」(国交省NETIS新技術登録番号:CB-080037-A)、(JR東日本共同開発)の開発途次に生まれたものです。

仕様・用途
荷 姿:200cc細口びん(ポリ容器)
内容量:150ml
適用ヶ所:各種塀、電柱等、犬が頻繁におしっこ(マーキング)をするヶ所
価 格:サンプル品に付き無料(送料含みます)
塗布量:150ml/平方メートル
使用方法:1.塗布面に対して束子などを使用し水洗い
       2.乾燥後、忌避剤を刷毛等で塗布
       3.乾燥すれば完了

サンプルのご請求はこちらから

こちらから「忌避剤のサンプルを請求」と記入の上、ご請求下さい。
[PR]
by pikayoshi72 | 2010-03-08 07:12 | ブログ