「打放しコンクリートと共に」 その(64)

こんにちはpikayoshi72です。

今回は月刊建築仕上げ技術1994年8月号,特集「エフロレッセンス-そのメカニズムと対処療法」の内第3回「エフロレッセンスの除去方法とポイント」をご紹介します。

 本稿は新築時の打放しコンクリートは別に譲るとして、既存の打放しコンクリートに限定して述べる。エフロレッセンス発生部位、発生状況及び発生後の経過年数によって付着の状況が著しく異なることから下記の様に仮にABCの3ランクに分けて除去方法を示す。
e0030813_7164534.jpg

Aランク:積層氷柱状で固着した状態。
Bランク:積層していないが浸透固着している。
Cランク:単なる白化現象。

除去方法
Aランク
 積層氷柱状のエフロレッセンスは手斫りで斫り除去する。この際躯体コンクリートを傷めない様注意して行う。結晶体を斫り除去した後、ペーパー掛けをしてコンクリートの表層面を出し水洗いする。長期にわたり放置固着した結晶体はコンクリートの表層面に食い込んだ状態にあるので、特にピンホール、毛細ひび割れやあばたの部分はこの様な物理的処理では除去不可能である。除去方法は溶解作用による科学洗浄とし、ケミカルエースR(酸性水溶液)を採用する。ケミカルエースRの濃度によってはコンクリートの表層面を傷めることがあるので事前のテスト洗浄を行ってから実施するのが望ましい。

Bランク
 躯体を傷めない様注意してペーパー掛けを行う。Aランクと同様表層面に浸透固着しているので、水湿しを行いブラッシングを併用してケミカルエースRによる科学洗浄とする。

Cランク
 水湿しを行いブラッシングを併用してケミカルエースRによる科学洗浄とする。

 次回は建築技術1994年8月号、特集「エフロレッセンス-そのメカニズムと対処療法」の内、第4回「再発防止技術と仕上げ」をご紹介します。

 さてこの年の重大ニュースとして、大江健三郎氏がノーベル文学賞を受賞しました。過去ノミネートされた人には谷崎潤一郎氏、西脇順三郎氏、井上靖氏、三島由紀夫氏、安部公房氏、遠藤周作氏、村上春樹氏などがいらっしゃいましたが、受賞したのは川端康成氏と大江健三郎氏の2名だけです。

それでは次回をお楽しみに!
打放しコンクリートについてもう少し詳しく知りたい方はこちらへどうぞ!
[PR]
by pikayoshi72 | 2009-03-30 07:16 | ブログ


<< 「打放しコンクリートと共に」 ... 「打放しコンクリートと共に」 ... >>