「ほっ」と。キャンペーン

「打放しコンクリートと共に」 その(59)

こんにちはpikayoshi72です。

今回は建築仕上げ技術1993年8月号、学会賞受賞者対談「打放しコンクリート面の生と命」の第4回目、「事なるは困苦の時」をご紹介します。

事なるは困苦の時
地濃◇打放しコンクリート面の再生技術・工法は、この分野での先駆的な技術・工法のように思うのですが、きっかけはどのようなことにあったのですか。
吉田◇今から35年も前のことです。町役場庁舎の新築現場で、打放しコンクリートの柱脚部に発生した欠陥部の巣穴に、偉く困っていた現場監督を目の当たりにしたのです。問い尋ねたところ、熟練職人でもこの種の欠陥部を完全に直せないと言う返事。このことがきっかけでした。
地濃◇それをあえて企業化したことの発想や着眼点はどんなところにあったのですか。
吉田◇左官業界では左官職人のやる仕事ではないとして、手を付けていなかったこと。簡単な補修と甘くみて、その結果が異質な仕上がりになっていること。単価があって無きに等しい仕事であったこと。などから考えて挑戦した訳です。そして、ビジネスとして成功するには、人のできない仕事をすることが基本ですし。
地濃◇要するに、伝統的な左官技術ではなく、方法のいかんを問わず結果がよければ良いと言う発想からですね。
吉田◇そうです。既存の枠にとらわれることなく、「結果がよければ良し」との考えの基に、独自にこれに臨みました。ですから、開発してきた工法は、研究室で実験を繰り返して得たものではなく、あくまでも現場でそのつど、素直に身に付けた技術と知識の積み重ねによって築き上げてきたものなのです。
地濃◇極めて純粋な発想であり着目点のように、私には受けとめられますが。
吉田◇二十歳の若き頃、私は挫折の状況下にありました。どん底に落ちていたような気がします。そのとき、ショー・ペン・ハウエル著の「存在と苦悩」の本に出会いました。
 この書は、氏の人生論を説くもので、虚栄とは愚かな行為。虚栄心は自分を見失っていることだ。世間に対して生きるのではない。自分を飾らず裸になれ。と言うようなものでした。ことのほか、これに共鳴したように思います。
 この人生観が後の生活や創業後の心の糧となったのかも知れません。
地濃◇まさしく、「事なるは困苦の時」。そして、今日の発展に「人の行く道に花なし、行かぬ道に花あり」の言葉が当てはまるようですね。
吉田◇人間は幸福の時は時間に追われ、不幸の時は時間が余る。若き青春の頃でも、私には時間が余るほどでしたからね。困苦の時に出合った一冊の本に支えられ、また、人の行かぬ道に花があったとも言えるのでしょうね。
e0030813_7164574.jpg

次回は建築仕上げ技術1993年8月号、学会賞受賞者対談「打放しコンクリート面の生と命」の内、「まごころ込めてすぐ対応」をご紹介します。

それでは次回をお楽しみに!

 この年の重大ニュースとして、3月6日、東京地検が金丸元自民党副総裁を脱税容疑で逮捕しました。金丸信・前自民党副総裁と元秘書を脱税容疑で逮捕。ゼネコン各社などから寄せられた献金を税務申告せずに金融割引債を購入したというもの。 13日、起訴となりました。

打放しコンクリートについてもう少し詳しく知りたい方はこちらへどうぞ!
[PR]
by pikayoshi72 | 2009-02-23 07:22 | ブログ


<< 「打放しコンクリートと共に」 ... 「打放しコンクリートと共に」 ... >>