「打放しコンクリートと共に」 その7

こんにちはpikayoshi72です。

建築技術‘69.6月号への寄稿-6についてご紹介します。
表題は「打放しコンクリート表面の補修方法」4項目で構成され今回は最終項「4.打放し仕上げの簡易造成法」をご紹介します。

4.打放し仕上げの簡易造成法
以上(補修用材料のこと)に紹介した材料は、打放し面の補修に適しているばかりでなく、また
外観や耐候性も普通の打放しコンクリートと変わらない左官仕上げに応用することが出来る。
 例えば打放し施工の建物で上方に増築するような場合、できるだけ軽量化するため鉄骨造とし、しかも仕上げは既設部分に合わせたいことがある。そのようなときにこの簡易造成工法がよく利用されている。
e0030813_71778.jpg

 施工方法は、まずラス張りないしはそれに準じた下地とし、下地が良好な状態に乾燥したときを見はからってエポキシ樹脂を塗布のうえ、前述した材料を用いて表面仕上げを行うのである。打放しの木目模様は、型枠を使ってあざやかに仕上げ面に転写される。

 以上をもって、建築技術‘69.6月号「打放しコンクリート表面の補修方法」の紹介は終わりです。
最後の章にモルタルの上にも打放しの木目模様を転写し、仕上げることが出来る。と書いていますが、これが後の、「ノンクリート打放し意匠仕上げ」、「ALCフェイス仕上げ」に発展していくわけです。
 次回は、「建築保全」1985年1、2月号メンテナンス巷論、題して「打放しコンクリートの若返り工事」をご紹介します。

 1969年、明るいニュースは人類初の月面着陸ぐらいで、後はベトナム戦争に係わるもの、大学紛争等暗いことが多かったような気がします。

それでは次回をお楽しみに!
[PR]
by pikayoshi72 | 2008-02-25 07:17 | ブログ


<< 「打放しコンクリートと共に」 その8 「打放しコンクリートと共に」 その6 >>