「打放しコンクリートと共に」 その3

こんにちはpikayoshi72です。

建築技術‘69.6月号への寄稿-2についてご紹介します。
表題は「打放しコンクリート表面の補修方法」4項目で構成され今回は「2.補修の要点」前編を
ご紹介します。

2.補修の要点
 打放しコンクリートは、配合材料の関係で打ち上がり表面に砂地(水あばた)や砂利あばた等が見られるのが普通であるが、これらは当然補修が必要であり、左官工の手によって補修が行われている。
 しかし厚みのないモルタル補修は、当然のことながら収縮現象による亀裂の発生を伴う。
また、同一配合のモルタルで補修したにもかかわらず本体コンクリートとの色違いをきたしたり、時間の経過とともに顔料が変退色するなど、いろいろと大きな問題が潜在しており、さらには所要強度の出ないことが根本的な欠陥であった。
 また、打放しコンクリートの柱やはりが、型枠のはらみ・曲り等のため補修を余儀なくされ、左官工事による付け送りを行う場合があるが、下地コンクリートにたいする接着性が悪いため浮き現象が発生し、せっかく補修した表面にまで亀裂がおよんで失敗するケースが非常に多い。
e0030813_7214677.jpg

以上が、「2.補修の要点」前編です。今回はここまで!
来週はこの続き、題して「2.補修の要点」後編をご紹介します。

さて少し本編から離れて、「打放しコンクリートと共に」と題して建築専門誌への寄稿文をご紹介しているのですが、無味乾燥な技術系の話ゆえ、自分でも面白くないと感じる時があります。そこで今回から、当時の社会的な出来事をご紹介し、その当時を思い出しながら書きたいと思います。

早速調べましたら、ありました!
・1969年 - 人類が月面へ到達した。アポロ11号の月面着陸。
最近では本当に月面に着陸したのか疑惑本が結構出ていますね。

・1969年 - 東名高速道路が全線開通。
私は東京オリンピックの年(1964年)に開通したと思っていましたが、全線開通
したのは1969年だったんですね!少し驚きです。

それでは次回をお楽しみに!
[PR]
by pikayoshi72 | 2008-01-28 07:24 | ブログ


<< 「打放しコンクリートと共に」 その4 「打放しコンクリートと共に」 その2 >>