「ほっ」と。キャンペーン

第七話 (仕事探し第二弾)

二つの難題
その一
 神業の打放しコンクリート技術?によって無傷の打放しコンクリートの出来上がりが当たり前とされた時代(第六話で紹介済み)。とは、言うものの出来具合によっては、もって行き処のない自己結果責任、その無念さは胸に秘めたままだそうです。 
この立ちはだかる原則と建前、知ってか知らずか、或いは暗黙のルールか?
正々堂々とまかり通る、といった当時の流れ。
不幸にして現れた修理箇所、その無念を晴らすお助けマンと自負するが、どーも、失敗をエサにする奴と、お互い心証穏やかならずも。
そうは言っても取り壊してやり直すことを思えばはるかに合理的。
彼我の事情はザーッとこんなふうかなあ・・・・・。

その二
 そんな、こんなの事情を抱えて、表立って口には出せないゼネコン業界の雰囲気。
打放しコンクリートには大なり小なり修理ヶ所は出るものと認知しつつも対応処置なしの建前先行・・・・。
とは言うものの望みは高く“良い品質”をスローガンに、言うは易く行うは難し。
丁度、水上歩行のように、右足が沈まないうちに左足で、それを継続すれば水面を歩けるハズ、そんな理屈と同じか?
不足の事態の準備がないため無理算段。
この二つの難題解消がポイントと思いました。

 こんな難題を抱え時代背景を身に感じ存在感を意識し乍らの仕事探し。
あれもこれもうまくいかないもんだなあー、とつくづく感じました。

 仕事には賃金が・・・高い技術にはプラスアルファーが・・・、これ現代の仕組み。
不可能と考えられていたいろいろな事が、社会に有為に働くことによって存在価値が出てくる。
抱えた二つの難題も同じ事。
神業は希なこと、何事も不測の事態の想定と対応処置が大切、といったことは常識。
打放しコンクリートの難題、そうです!建前を考え直すこと。本音が常識となる。
この常識が苦難の道、この先何年かかるか。積み重ねるしかないか!
あれもこれも時間との戦い、「不遇に嘆く。」と、よく言われました。

 “石の上にも三年”とは辛抱のたとえ、悪戦苦闘の三年はおろか、6年の歳月を掛けやっと打放しコンクリート表面の仕上げ方法を完成。・・・1965年
同時に打放しコンクリートに拘わる本音に迫る。
こんなツールを引っ提げてやっと仕事にありつけた。

 かえりみれば伝統と実績が皆無と言える無手勝流の一人相撲。
長かったその心境は
“上を向いて歩こう 涙がこぼれない様に
         思い出す春の日 一人ぼっちの夜”
三振、手ぶらの帰り道、こんな心境でした。

e0030813_85499.jpg
 時まさにベトナム戦争激化このことを思えば命に別状無し、こんな事に支えられつつその激しさは新聞で毎日報じられていました。


 次回は題して、“打放しコンクリートの知識を深める!” お楽しみに。
[PR]
by pikayoshi72 | 2005-08-29 07:41 | ブログ


<<  第八話 打放しの知識を深める 第六話(仕事探しの巻) >>