第百二十話「世界を代表する打放しコンクリート作品とその建築家」    パオロ・ソレリ

 フランク・ロイド・ライトの設計思想を継ぎ発展させる。「社会的資源を集中、効率よく利用することによって都市スペースをコンパクトにして良好な環境が維持される」との考え、つまり「完全環境都市」アーコロジー、その元祖と言われています。

e0030813_719362.jpg

 パオロ・ソレリはイタリアの建築家、活動の地はアリゾナ、アメリカ。広大な原野に打放しコンクリートによる都市作り。砂漠との共生をテーマにアリゾナ、アーコサンティに「建築と自然の調和」。30年程前に着工するも未だ彼の計画の数パーセントに過ぎないと言われています。何時完成するのか見当がつきません。
 国内では大阪万国博覧会の頃でした。
 次回をお楽しみに。
[PR]
by pikayoshi72 | 2007-11-12 07:20 | ブログ


<< 第百二十一話「世界を代表する打... 第百十九話「世界を代表する打放... >>