第百十三話「世界を代表する打放しコンクリート作品とその建築家」       アントニン・レーモンド

 1888年チェコに生まれプラハ工科大学に学ぶ。アメリカに渡りフランク・ロイド・ライトの事務所に在籍。1919年帝国ホテルの設計施工のためライトと共に来日する。3年後の1922年フランク・ロイド・ライトより独立、レーモンド設計事務所を開設。
 取り壊されはしましたが、かの有名な霊南坂の家は日本で最初の。打放しコンクリート住宅として現在でもよく知られています。
 第2次世界大戦後の1947年荒廃した戦後日本に再度来日。1961年群馬音楽センターはレーモンドの代表作品、内外共。打放しコンクリートによるもの。
e0030813_6125442.jpg

 当時モダニズム建築の先端に位置する日本の建築家の一人ともいわれ国内では30余の著名作品を残し、1976年88才で死去。戦前、戦後の日本建築を最もよく理解された建築家でした。
 次回をお楽しみに
[PR]
by pikayoshi72 | 2007-09-24 06:17 | ブログ


<< 第百十四話「世界を代表する打放... 第百十二話「世界を代表する打放... >>