「ほっ」と。キャンペーン

第百九話「世界を代表する打放しコンクリート作品とその建築家」  菊竹清訓

 1928年福岡県久留米市に生まれる。1950年早稲田大学理工学部建築学科卒業。村野・森建築事務所へ在籍。1953年菊竹清訓建築設計事務所を開設。菊竹清訓は日本を代表する建築家として打放しコンクリート作品で既にご紹介ずみ。
 さて、今回は国内外にその名声を轟かせた作品、1964年打放しコンクリートの出雲大社庁の舎。第14回芸術選奨文部大臣賞、第15回日本建築学会賞、第7回汎太平洋賞(アメリカ建築家協会)など受賞。
e0030813_736544.jpg

 その様式は現代の建築技術による古代の舎を彷彿させる建物。しかも機能と空間の統合が合理的な構造で纏められたもの。
 建築家菊竹清訓は黒川紀章らとともに建築と都市の新陳代謝を図ろうとする活動を提唱するなど数々の作品と公私にわたる広範囲な先駆的活動は休む間がない。その偉業は人材にも及び門下生には内井昭蔵、仙田満や伊東豊雄など著名建築家を輩出する。
 2000年にはユーゴスラビア・ビエンナーレで「今世紀を創った世界建築家100人」の一人に選ばれる。
 次回をお楽しみに。
[PR]
by pikayoshi72 | 2007-08-27 07:23 | ブログ


<< 第百十話「世界を代表する打放し... 第百八話[世界を代表する打放し... >>