第百五話「世界を代表する打放しコンクリート作品とその建築家」    ジオ・ポンティ

 1891年ジオ・ポンティはイタリア・ミラノで生まれる。ミラノ工科大学卒業後、1923年陶磁器メーカーに就職。その後建築事務所を設立、公共建築の設計活動に入る。1958年ミラノ中央駅の駅前広場に建てられた「ピレリ・ビル」。イタリア最初の高層ビルで戦後の建築作品の中でも代表的なものとして知られる。
e0030813_721142.jpg

 高さ124mの打放しコンクリートのタワー。イタリア国内だけでなくヨーロッパの超高層建築の先駆け。ところが2002年飛行機事故で損壊、目下補修中とか。
 ジオ・ポンティは建築よりむしろ家具、ランプ、陶器など多岐にわたる分野でイタリアデザイン界を牽引し国内外のデザイン界に多大な影響を与え「イタリア建築・デザインの父」とも称されコンパッソドーロ賞を受賞。惜しけく1979年88歳で死去。
 次回をお楽しみに。
[PR]
by pikayoshi72 | 2007-07-30 07:23 | ブログ


<< 第百六話「世界を代表する打放し... 第百四話「世界を代表する打放し... >>