「ほっ」と。キャンペーン

第百話「世界を代表する打放しコンクリート作品とその建築家」  丹下健三  

 1913年、大阪府堺市に生まれる。幼少を四国今治にて過ごし、17才当時の広島高等学校へ。文学や芸術に傾倒、たまたま外国雑誌で知ったル・コルビュジェの「ソビエト・パレス」の写真に衝撃を受け人生の転機に立つ。
 1933年東京大学建築学科を志すが、2年続けて不合格。こんなことがあったのですね。22才で東大建築学科に、卒業後ル・コルビュジェの門下生“前川国男”建築設計事務所へ。若輩にも拘わらず岸記念体育館や社会事業会館の設計を担当、当時26才。その2年後東大大学院に。1941年以降建築家としての花々しいスタートを切る。日本建築学会主催コンペに尽く入選。引き続きバンコクの日タイ文化会館コンペに入選、3年連続して取った大きなコンペで一躍その名を知られる。
e0030813_7162998.jpg

 1946年36才、原爆ドームに隣接して建てられたかの有名な打放しコンクリートによる広島ピースセンターを皮切りに国立代々木競技場、大阪万博と打放しコンクリート名作品を送り出す。
 打放しコンクリート建築の一時代を代表する華々しい実績を打ち建てた建築家。
 丹下健三は巨大になりすぎた多面体の建築家ともいわれ、「世界の丹下」として日本で初めて世界的な高い評価を得た建築家としても多くの人々の記憶にある。
 2005年91才で死去。
 次回をお楽しみに。
[PR]
by pikayoshi72 | 2007-06-25 07:19 | ブログ


<< 第百一話「世界を代表する打放し... 第九十九話「世界を代表する打放... >>