第九十三話「世界を代表する打放しコンクリート作品とその建築家」     オーギュスト・ペレ

 再度登場、オーギュスト・ペレ。
 1874年ベルギー、ブリュッセルにて生誕。20世紀フランスで活躍した建築家。打放しコンクリートの元祖。鉄筋コンクリートの草分け、コンクリートの父ともいわれています。
 1923年鉄筋コンクリートに芸術的な表現を新しい技術を持ってもって造形、剥き出しのままで仕上げする打放しコンクリートを構造体に採用。当時石材より安価で造形に富むコンクリートを石材に取って変わる建築材料とし、柱、天井などを打放しコンクリートで、ノートルダム・デュ・ランシーの教会はその代表作品。
e0030813_9163254.jpg

 第九十話でのパリのポンテュー街に建つガレージ、1905年ペレの最初の作品とご紹介しましたが、本格的な打放しコンクリートか否かは難しいところ。このノートルダム・デュ・ランシー教会が本格的な打放しコンクリートではないかといわれています。さて、どちらが打放しコンクリートの最初の作品といえるか迷うところ。ご判断はお任せします。
 お話は変わって、皆さんご存知の聖路加国際病院。ペレの事務所に在籍したベドジフ・フォイエルシュタインがアントニン・レイモンドと一緒に設計した作品。意外に身近にあるものですね。
 次回をお楽しみに。
[PR]
by pikayoshi72 | 2007-04-30 09:29 | ブログ


<< 第九十四話「世界を代表する打放... 第九十二話「世界を代表する打放... >>