第八十八話「打放しコンクリートの日本を代表する作品とその建築家」藤木隆男

 1946年山形県に生まれる。東京都立大学工学部建築学科を経て1971年より19年の間坂倉建築研究所に在籍、1990年晴れて藤木隆男建築研究所を主宰、設計活動に入る。1995年母校の都立大学大学院建築学専攻助教授に、2001年には芝浦工業大学建築学科教授に就任。
 さて、建築家“藤木隆男”の打放しコンクリート代表作品とされるキリスト教系の育英サレジオ小・中学校は1993年日本建築学会賞作品賞受賞に輝く。
e0030813_7243138.jpg

 武蔵野の面影が残る広大な緑の中、散在する東京サレジオ学園とは対照的に人工的な中庭を取り囲む様に配置された園舎は、新しい都市的空間とされています。その手法は、限られた条件を大切にし、しかもこれを逆手にとって豊かな成果を生み出す。とのこと。
 建築家藤木隆男先生のますますのご活躍が期待されます。
 次回お楽しみに。
[PR]
by pikayoshi72 | 2007-03-26 07:25 | ブログ


<< 第八十九話「打放しコンクリート... 第八十七話「打放しコンクリート... >>