第七十六話 「打放しコンクリートの日本を代表する作品とその建築家」 丹田悦雄

 打放しコンクリートによるダイキン工業の社宅。建築家丹田悦雄、鳴海邦碩(大阪大学)、田端修(大阪芸大)などを中心として将来の都市住宅の一つのモデルを目指して設計されたものの一つ。
 このダイキンOSAKAアトリオAは1988年の作品。戸数20戸、4階建「日常生活のプライバシーを確保し、各戸の独立性を高める。しかも、社宅外と接する機会をつくりだす。」住戸同士の緩衝空間として、大阪長屋の伝統的な路地的通路が縦横に走るとしたもの。
e0030813_716893.jpg

 この頃、リクルート事件や消費税の導入などお金にまつわることで持ち切りの時代。時同じくしてバブル経済の幕あけ、株式と土地の高騰が始まり、国中まさに投機全盛へと向かっていました。
 さて、打放しコンクリートで建てられたこれらの住宅は、見事に高容積な都市型の住宅に満たされた生活空間を具現したものとして高く評価され、しかも日本を代表する打放しコンクリート建築の作品としても建築家丹田悦雄の名を轟かせました。
 この第七十六話をもって本年の締め括りとします。
 来年は1月1日“話題の建築家”をスタートとします。この一年ご愛読ありがとうございました。 どうぞよいお年をお迎えください。
[PR]
by pikayoshi72 | 2006-12-25 07:16 | ブログ


<< 第七十七話 「打放しコンクリー... 第七十五話 「打放しコンクリー... >>