第五十九話 「打放しコンクリートの日本を代表する作品とその建築家」 鈴木 恂

 建築家鈴木恂先生は1960年~1970年代にかけ打放しコンクリートを主軸にした多くの小住宅を手がけました。
中でも1970年の作品GAH6812は打放しコンクリートに留まらず “水泡単位” の思想をテーマとして設計されたそうです。
e0030813_7233923.jpg

 “水泡単位” とは耳慣れない言葉ですね。
先生曰く住宅の食堂や寝室に設けた透明ガラスの箱を水泡単位と呼び予測される家族構成の変化に対して、間仕切をとりはずすなど新しい空間を作ることだそうです。
先生のお考えの根底には“住宅は社会の反映でありながらも基本的な考えはそんなに変わるものではなく、人間そのもの、触覚的な空間という部分でしか住宅は成りたたない”と、おっしゃっています。
先生は打放しコンクリートを基本とした住宅を始め多彩な建築を世に送り出しています。
次の8作品はその代表作としてよく知られています。

1.)1970(S45) 日本歯科大学体育館    2.)1970(S45) GAH6812
3.)1972(S47) YAH6912          4.)1979(S54) 竜谷寺妙光堂
5.)1987(S62) マニン・ビル      6.)1997(H09) 都幾川村文化体育センター
7.)1997(H09) 東京家政大学体育会館小講堂   
8.)1999(H11) 早稲田大学大久保キャンパス新研究棟
          (古谷誠章+早稲田大学新研究棟設計室)

 1960年~1970年代と言えば、池田内閣の時代、所得倍増計画がたてられ、1964年東海道新幹線の開通、東京オリンピックが開催された年でもあり社会が大きな変革をとげた時代ですね。
 1979年の作品に新潟県南魚沼郡にある“竜谷寺”があります。108体の仏像を安置する収蔵庫兼展示室で内外共打放しコンクリート。お堂本体を地上よりもち上げている珍しい作品です。
e0030813_801834.jpg

 日頃目にする住宅、寺、学校の建築のイメージからは想像もつかない作品で改めて驚いてしまいますね。
 次回をお楽しみに。
[PR]
by pikayoshi72 | 2006-08-28 07:26 | ブログ


<< 第六十話 「打放しコンクリート... 第五十八話 「打放しコンクリー... >>