「ほっ」と。キャンペーン

第五十五話  「打放しコンクリートの日本を代表する作品とその建築家」 鬼頭 梓

 鬼頭先生は東京生まれの東京育ち。東大を経て14年間、打放しコンクリートでは第一人者と言われる前川国男建築設計事務所に在籍。巨匠前川先生直々に薫胸を受けられたとのこと。 
 1964年、鬼頭梓建築設計事務所をオープン。丁度、東京オリンピックが開催された年で以来、30数年にわたり設計監理に従事。その根底にあるものはゆるぎない人生哲学、“誠実な仕事を信条とし、豊かな生活と活動を約束する、機能的でしかも美しい建物”をテーマに活動されたそうです。
 中でも1968年、東京経済大学図書館は日本を代表する打放しコンクリート建築作品として高く評価されています。
e0030813_729620.jpg

 この頃、日本経済も好景気が続き、GNPは資本主義国の中で第2位に輝く実績を挙げた年でもありました。
 鬼頭先生は設計の傍ら、1964~1967年東大・建築学科で、1980~1983年東京電気大学建築学科の講師を務められました。
 打放しコンクリート建築に限らず幅広く様々なジャンルでご活躍され、教会・住宅やオフィスなど多彩な作品を世に送り出しました。
 先生の益々のご発展をお祈りして。
 次回をお楽しみに
[PR]
by pikayoshi72 | 2006-07-31 07:30 | ブログ


<< 第五十六話 「打放しコンクリー... 第五十四話 「打放しコンクリー... >>