第四十一話 「打放しコンクリートの日本を代表する作品とその建築家」 MIDO同人

1956年(S31)当時の政府曰く、“もはや戦後ではない” と宣(のたま)い、巷は神武景気といわれる好景気を迎え、高度経済成長が始まった頃。
こんな社会の情勢を背景に福島県教育会館は建てられた。
「日本最初の民衆建築」と、うたわれた打放しコンクリート造り。
e0030813_7273947.jpg

そのわけは、
①出来る限り経済的・合理的に建てるため、使用するその土地の住民が最初から最後まで直接参加とすること。
②民意を反映した使用目的を満たす機能的・構造的なものとすること。
③打放しコンクリートの素材を活かした建築とすること。
これらの実現のために、最初の企画から設計・施工に至るまですべて住民参加のもと進められたそうです。
その施工現場の状況は、足場は丸太の番線締め、労働安全のシンボル、ヘルメットも行き届かずといったところ。
この頃はまだプラスティックは珍しい時代でした。
参加住民の女性群、姉さんかぶりの手拭いとモンペが標準作業服装、横丁に入ればドブロクやメチルアルコールなど飲んだ若者が大声をあげていた頃。
何か発展途上国を連想させますね。
今日では想像すらつかない建設現場、民意をもとに具現した福島県教育会館。
それだけに注目されたか!
その完成は日本最初の「民衆建築」の代表作品として高く評価されたそうです。
手前みそになりますが、平成16年に当建物を「打放しコンクリート若返りシステム」(吉田工法)で改修施工させていただきました。
 年を前後して日本で最初の民衆自動車の草分け、軽自動車(スズライト・360cc)が発売されました。
今では想像すら出来ないノコギリ屋根の木造工場でした。
e0030813_7281462.jpg

共に民主主義と自由経済の幕開けを感じさせますね。
 次回をお楽しみに。
[PR]
by pikayoshi72 | 2006-04-24 07:29 | ブログ


<< 第四十二話 「打放しコンクリー... 第四十話 「打放しコンクリート... >>