「ほっ」と。キャンペーン

第三十三話 「打放しコンクリートの日本を代表する作品とその建築家」(表参道ヒルズ)

 時系列によるご紹介の積もりでしたが、何か因縁めいたものを感じましたので突如変更、ごめんなさい。
そのテーマは表参道ヒルズ。
明治神宮への参道に繋がる旧同潤会青山アパートの再生。
関東大震災の復興のため建築された我が国最初の鉄筋コンクリート集合住宅とか。
完成は79年前の1927年、前にもお話した霊南坂の家アントニン・レーモンド邸は1924年、最初の打放しコンクリート住宅。
相前後して建築され共に老化と時代の変革に抗しきれず惜しまれつつも解体、もの淋しい思いがしますね。
 この表参道ヒルズ、今や世界的に著名な建築家安藤忠雄先生の作品、施工は大林組。
ケヤキ並木に合わせた地下6階・地上6階、2月11日グランドオープン。
e0030813_7253820.jpg

日本を代表するファッションストリートとして若者の夢を育む。
表参道ヒルズの目玉、スパイラルスロープに展開される商業施設、人と人との交流、人と空間など表参道と解け合った高感度な雰囲気を醸し出す。
その主役の一つ打放しコンクリート。
ソフトで滑らか整然としたパネル割り、その表面は端正で日本建築の詩情を謳い表参道の歴史と文化を伝える大役を演出。
新しい空間創造の立役者。
打放しコンクリートその仕上げをお手伝いさせていただきました。
新しい形のファッション、デザイン、美術など多彩な活動の発信地。
巷は名建築として話題沸騰、感動の街並として生まれ変わった!
オープンに際して、心からお祝いを。
次回をお楽しみに。
[PR]
by pikayoshi72 | 2006-02-27 07:26 | ブログ


<< 第三十四話 「打放しコンクリー... 第三十二話 「打放しコンクリー... >>