「ほっ」と。キャンペーン

第二十話  “打放しコンクリートの老化について、あれこれ” 「塩害」その3 対策について

何事もなく過ごす快適な日常生活、知られざるところで忍び寄るコンクリートの老化現象。
考えてみれば人間も一面に於いては同じ様なもの、そんなことを思いながら少しでも長生きするためのお話。
老化というより劣化の方が適切かも?

 コンクリート中への塩分(塩化物)が入り込む経路は二つ、コンクリートを作る時に使う海砂や混和剤、もう一つは海岸近く立地した建物に海水飛沫や海塩粒子がコンクリート表面に付着し中へ浸透していく場合でしたね。
最初のコンクリートを作る時の塩化物の混入については生コン屋さんか建築屋さんでしか対応できませんから知識として憶えておくしかありません。
二つ目の海塩粒子などのコンクリート表面への付着、そして中への浸透、この様な作用の繰り返しで、中の鉄筋が腐食膨張してコンクリートにひび割れを起こします。
これを遮断すれば延命効果はあるといわれています。
その外、表面から侵入する酸素、炭酸ガス、水分など、コンクリートを劣化させるものにも対応できますから効果的といえますね。
 もうひとつの難題、コンクリート中に侵入してしまった塩分を完全に抜き取ることは出来ないこと。
こうして考えてみると塩害対策の主目的はコンクリートの保護と塩分による鉄筋の腐食防止対策につきると思います。
e0030813_7381782.jpg

すでにコンクリート中に入ってしまった塩分には、水と酸素の侵入を遮断して、鉄筋の腐食を少しでも遅くするといったことしか方法はないといわれています。

 それでは実際に劣化損傷したコンクリートはどんな修繕方法があるか簡単にお話します。
先ず水洗して少しでも塩分を洗い流すこと、ひび割れから浸透した水分で腐食した鉄筋のサビをしっかり取り除いてしまうこと。
次に防錆処理をしてからひび割れ箇所や傷んでいるところを合成樹脂モルタルで修理します。
この様な下仕事をしてから始めて遮断するための塗膜材を塗る、つまりコンクリート表面を被膜して外部からの影響を受けないように遮断する方法です。

 こんなことが塩害に対する主な対策かな?
こんな事後対策をする前に、予防対策は無いものか考えてみることが大事ではないかとおもいますが?

次回は“もう一つの老化(劣化)、アルカリ骨材反応について”おはなしします。
お楽しみに。
[PR]
by pikayoshi72 | 2005-11-28 07:40 | ブログ


<< 第二十一話 “打放しコンクリー... 第十九話  “打放しコンクリー... >>