第十五話  ノンクリート打放しボード・外断熱タイプ

 生活環境の改善、こんな言葉が色々な分野でいわれていますね。
今年の代表的なものが“クールビズ”
小泉さんのノーネクタイはテレビや新聞で毎日目にしたことです。
建物も夏はクールビズ、冬はウォームビズといったところが、身近な生活環境の改善といえるでしょうか。
そこで、「ノンクリート打放しボード・外断熱タイプ」、本題に入ります。
堅苦しいお話ではありませんので肩の力を抜いて楽な姿勢でどうぞ。
 ノンクリート打放しボード・外断熱タイプの仕組みとそのメリットを簡単に説明します。
ノンクリート打放しボードに使用されるボード(基材)は、窯(カマ)を使って粘土や無機材料などを原料にして高い温度で加工して作る窯業製品の一種。
身近なものに茶ワン(陶磁器)やガラス、セメント、煉瓦などとふる里は一緒です。
そこで造られたボードに先ず吸水防止のためにNY-Aシーラーという防水材をタップリ塗ります。
次にNY-ヒートカットの塗布です。これが外断熱ボードの主役です。その断熱メカニズムは、太陽熱の遮断です。
つまり、NY-ヒートカットは特殊な熱反射顔料とセラミックを配合、日射による熱源である近赤外線を反射・散乱させて太陽熱の吸収を防ぎ高い断熱性を発揮する。ここのところがミソです!
そのあと、打放し意匠の形成と耐久性をもたせるためのフッ素樹脂防水で完了。
今までの工程を図にしてみました。
e0030813_8142429.jpg

 そのメリットは特に夏です。
太陽光によるボードの表面温度の上昇を遮断し、室内が高温にならないので、冷房が効率よく効(キ)きます。
それだけではありません、NY-ヒートカットは保温材としても働くため熱空調率を高めることです。
e0030813_8145142.jpg

 外断熱の特長は前にもお話した様に、内部結露がなくなり湿気によるカビやダニの繁殖を抑えること、身近な生活環境の向上にこんなに多くの貢献が期待されます。
もう一つ、建物を構成する色々な建築材料は、太陽熱による熱膨張で劣化のスピードが速くなるといわれていますが、熱遮断の効果、これも大きなメリットです。
本当にそんな効果があるのか?と感じるのではないかと思って、外断熱タイプの効果を比較試験したものを図にしました。ご覧下さい。
e0030813_8151198.jpg

           従来品と外断熱タイプの比較試験
 従来品のノンクリート打放しボードと新開発の外断熱タイプにランプを照射し、表面温度の測定をしました。
結果、従来品は15分で57.8℃に達したのに対し外断熱タイプは46℃で、11.8℃の差が出ました。従来品に比べ断熱効果が高いことが分かりました。
どうでしたか、“ノンクリート打放しボード・外断熱タイプ”生活環境向上の一助として頑張ります。
 次回は、「打放しコンクリートの老化について、あれこれ」をお話しします。
お楽しみに!
[PR]
by pikayoshi72 | 2005-10-24 07:45 | ブログ


<< 第十六話 “打放しコンクリート... 第十四話 ニーズに応えて >>