「打放しコンクリートと共に」 その(112)

 こんにちはpikayoshi72です。

 今回は、光アライアンス2007年7月号製品技術紹介「ノンクリート打放しボード・外装用断熱タイプ光触媒仕上げ」を2回に分けご紹介します。
本日は最終回「3.美観の維持」から「5.まとめ」をお送りします。

3.美観の維持
 劣化進行の起点となる汚染物の付着を抑制できないものかという前提にたって、様々な防水材の開発が続けられている。中でもフッ素樹脂に代表される強固な防水塗膜は、雨水の浸透を防止することに留まらず汚れを防ぐことが可能になった。しかし、新たな問題として、雨筋汚れの問題が発生している。
 身近な環境汚染の元凶とされる塵埃や車の排気ガスには、含まれる汚染物質とカーボンなどの付着によって雨筋汚れの原因とされている。これらに対応して開発されたのが光触媒仕上げである。
 本光触媒仕上げはフッ化アパタイト被覆二酸化チタンを主成分としノンクリート打放しボード表層面に塗布することで、雨筋汚れの付着を降雨によって洗浄され、常に清浄な表面を維持することができる。(図2参照)
e0030813_7135571.jpg

4.ノンクリート打放しボード外装用断熱タイプ光触媒仕上げ
 ヒートアイランド対策と美観の維持、その両翼を担う新建材として上市されたものが、ノンクリート打放しボード外装用断熱タイプ光触媒仕上げである。
e0030813_7142579.jpg

 その特徴は、外断熱と光触媒の長所を最大限に引き出し外壁の断熱と美観の持続を可能た新建材である。
 写真1は光触媒の自浄作用を比較したもので、施工後12ヶ月経過している。未塗布ボードは明らかに雨筋の汚れが付着し、同時期に光触媒を塗布した表層面は自浄効果が顕著にみることができる。
e0030813_7144660.jpg

5.まとめ
 深刻化する都市環境に対応した外壁の諸材料の開発は多様化しつつある。特にヒートアイランド現象と美観の問題に対応した建築材料は、ますます進化していくと考えられる。
 ノンクリート打放しボード外断熱タイプ光触媒仕上げは表層面が打放し意匠という独特の外壁建材で、打放しをより身近なものとし、しかも、断熱と美観保持の対応機能を付与し実用化させた新建材といえよう。
e0030813_7151971.jpg

次回は、月刊リフォーム2007年12月号をお送りします。
お楽しみに!
 さて、この年の重大ニュース、9月12日、安倍首相が突然の辞任表明。10日の所信表明演説に対する各党の代表質問をこの日に受けることになっていたが、「政権を放り出し、無責任」と批判された。そして9月25日、安倍内閣が総辞職となった。

 それでは次回をお楽しみに!

 打放しコンクリートについてもう少し詳しく知りたい方はこちらへどうぞ!

 
犬のおしっこでお困りの方へ朗報!


 住宅の塀、石垣、電柱などに毎日繰り返される犬のおしっこ(マーキング行為)でお困りの方に朗報です!
当社メルマガにご登録頂いている皆様方限定でお試しサンプルを送料無料!でご案内します。
当忌避剤は先に開発販売中の商品、落書き貼り紙防止対策システム「CDFシステム」(国交省NETIS新技術登録番号:CB-080037-A)、(JR東日本共同開発)の開発途次に生まれたものです。

仕様・用途
荷 姿:200cc細口びん(ポリ容器)
内容量:150ml
適用ヶ所:各種塀、電柱等、犬が頻繁におしっこ(マーキング)をするヶ所
価 格:サンプル品に付き無料(送料含みます)
塗布量:150ml/平方メートル
使用方法:1.塗布面に対して束子などを使用し水洗い
        2.乾燥後、忌避剤を刷毛等で塗布
        3.乾燥すれば完了

 サンプルのご請求はこちらから

 こちらから「忌避剤のサンプルを請求」と記入の上、ご請求下さい。
[PR]
by pikayoshi72 | 2010-03-01 07:17 | ブログ


<< 「打放しコンクリートと共に」 ... 「打放しコンクリートと共に」 ... >>