「ほっ」と。キャンペーン

「打放しコンクリートと共に」 その(103)

 こんにちはpikayoshi72です。

 今回は、月刊リフォーム2006年8月号、特集:シックハウス対策とリニューアル工事の環境対策、「打放しコンクリート若返りシステム(静岡県庁西館)」を2回に分け、お送りします。
本日は「1.はじめに」から「5.吉田工法の環境対応型諸材料」までをお送りします。
e0030813_89251.jpg

1.はじめに
 「目がツーンとする」「頭やのどが痛い」「ゼイゼイする」この様な症状をシックハウス症候群と呼ばれ、建物の高気密化や化学物質を放散する建材・内装等の使用による室内空気汚染が原因とされている。その他、家具・日用品の影響、カビ・ダニ等のアルゲン化学物質に対する感受性の個人差など様々な要因が複雑に関係しているといわれている。日常生活に深く関わるシックハウス症候群は健全な生活環境の破壊に留まらず、健康をもむしばむことに繋がっている。
 この様なことを背景として小社は、自社開発の全ての材料について、徹底したシックハウス対策を講ずることとした。
 本稿は、シックハウス対策と併行して品質、環境及び労働安全マネジメントシステムによるリニューアル工事について打放しコンクリート若返りシステム(吉田工法)の施工事例に焦点をあて述べる。

2.建物概要
 予測される東海地震に備えて計画された静岡県庁西館耐震改修工事と併行して懸案となっていた外壁打放しコンクリートのリニューアルを実施することとなった。
建物概要は次の通り。

建物概要
 建物名称:静岡県庁西館
 所在地:静岡県静岡市追手町9番6号
 竣工年:昭和49年3月
 構造・規模:地下1階、地上10階
外壁面積:8、897㎡
工法:打放しコンクリート若返りシステム(吉田工法)

3.経過年数と劣化症状
 本建物の外周壁は打放しコンクリートで築後32年経過、今まで中高層建築のため適時適切なメンテナンスは施されていなかった。表層面は劣化損傷を示す防水塗材の性能低下、汚染物の付着、ひび割れ、露出鉄筋や不具合箇所の補修モルタルの剥落などが生じていた。新築時表層面に施された各種の補修材は厳しい自然環境に侵され機能喪失し、ひび割れからの酸性雨の浸透は内部鉄筋の錆化膨張を招きその膨張圧による被りコンクリートの押し出し剥離などによって、美観の喪失と周辺環境の安全性が脅かされる状況にあった。
4.リニューアル計画に基づく調査
 周辺環境の安全性確保と美観の回復を目的に外壁を構成する打放しコンクリート表層面を外観目視法に基づき調査した。主な調査項目は次の通り
a)ひび割れ b)露出鉄筋 c)コールドジョイント d)木コン跡 e)コンクリート欠損 
f)ジャンカ g)モルタルの浮き
 調査結果を外壁調査報告書にまとめ、調査結果に基づく項目に従い全項目集計表を作成した。次に集計表より、欠損部のマーキング図を作成、各階各面を図面上に明記した。外壁調査結果報告書の一部を抜粋し図1、写真1に示す。
e0030813_8102471.jpg
   
e0030813_811320.jpg

5.吉田工法の環境対応型諸材料
 シックハウス症候群の発生原因は冒頭述べた通りであるが、その対応策として建築内外装に使用される諸材料や建材から放散する化学物質を一切含有使用しないことにある。
 2004年生活環境を脅かす有害物質について、吉田工法に包括される新築及びリニューアル対応のシステム工法に使用される全材料について検討した。作業者の労働安全と放散する化学物質による環境汚染や健康被害の防止対策が目的である。使用材料を日本建築仕上材工業会(NSK)に審査登録した。
 その結果、安全性を確保する「F☆☆☆☆」を取得。自主表示登録番号を各材料に表示し、環境対策を期することとした。

次回は、2010年新春第一号となるわけですが、月刊リフォーム2006年8月号、特集:シックハウス対策とリニューアル工事の環境対策、「打放しコンクリート若返りシステム(静岡県庁西館)」の最終回「6.環境対応型材料の登録番号」から「9.おわりに」をお送りします。
今年も余すところあと3日となりました。当ブログをご購読いただきまして誠にありがとうございました。
皆様方におきまして良いお年を迎えられることを心からお祈りして、今年のブログを終わりたいと思います。
ありがとうございました。

さて、この年のニュース、2月16日、兵庫県神戸市ポートアイランド沖に、神戸空港が開港されました。

それでは次回をお楽しみに!

打放しコンクリートについてもう少し詳しく知りたい方はこちらへどうぞ!
[PR]
by pikayoshi72 | 2009-12-28 08:13 | ブログ


<< 「打放しコンクリートと共に」 ... 「打放しコンクリートと共に」 ... >>