「ほっ」と。キャンペーン

「打放しコンクリートと共に」 その(96)

こんにちはpikayoshi72です。

今回は、FINEX2005年1、2月号我が社の新材料・新工法「ノンクリート打放しボード・外断熱タイプ」の最終回「4.セルフクリーニング機能」から「8.おわりに」にまでをご紹介します。

4.セルフクリーニング機能
 部材表面の意匠性の維持保全は打放しコンクリートに不可欠要素である。本ボードに採用されるNY-セラクリーンは、ケイ酸塩を加水分解した無機コーティング材で無色透明の塗膜を形成し、意匠性を阻害することがない。塗膜の親水性の働きにより雨水が汚れの下に入り込み汚れが浮き上がり雨水と一緒に流れ落ちる機能を有する(図4)。
e0030813_9413335.jpg

・ノンクリート打放しボードとの接触角が小さければ水は濡れ広がりセルフクリーニング効果を発揮し、大きければ水滴となり汚れの原因となる(図5)。
e0030813_9415099.jpg

・NY-セラクリーンの性状
塗膜表面に-OH(親水基)が並び親水性表面となる。光触媒との異なるところは、有機材料に直接塗布出来ることの外、日射を必要とせず水(雨)だけで汚れを除去する。
e0030813_9441139.jpg

5.ノンクリート打放しボードの積層塗材の概要
   基材表面に施される仕様は次の通りである。
e0030813_9453693.jpg

6.ノンクリート打放しボードの仕様と施工
 基材はケイ酸カルシウムを主原料とし、高温で養生した窯業系サイディングボードである。長期にわたり安定した性能を有し、過酷な環境においても劣化はほとんどない。高温・高湿などに対して、高性能の浸透性吸水防止材を基材全面に含浸塗布されている。常に降雨にさらされる表面には、三層にわたる防水機能が施されている。施工に際しての事項は次の通り。
■施工高さの目安は13m以下または、      
地上3階建て以内とする。
e0030813_9464765.jpg

 ■ビス打ち縁端距離
縁端距離は30㎜以上(相欠り部分を除く)を確保する。
縁端距離:材料周辺部におけるビス打ち部の小口からの距離
e0030813_9471013.jpg

■胴縁サイズ
 胴縁は所定のサイズを使用する。
 ★木下地:45×21同等以上
 ★鉄骨下地:  -100×50×20×2.3同等以上
e0030813_9473945.jpg

■胴縁の方向
 ノンクリート打放しボードをヨコ張りする場合はタテ胴縁、タテ張りの場合はヨコ胴縁を基本とし、ノンクリート打放しボードの長手方向に直角に胴縁を入れ、固定することによって、より強度(風圧や衝撃)に対して有利に働くためで、また、材料の挙動(反り、伸縮など)を抑制する。
e0030813_948123.jpg

■胴縁間隔
胴縁間隔は455㎜以下
■施工上の注意
ノンクリート打放しボードを張る場合は、四周をコーキングする。
e0030813_9484231.jpg

7.ノンクリート打放しボードの仕様
e0030813_949712.jpg

8.おわりに
 本ボードの外断熱・セルフクリーニング機能は、深刻化する地球環境に伴うヒートアイランド現象などに対応し、同時に汚染物質の付着による建物外装を保護、美観の維持保全に寄与するものである。
 断熱効果による冷暖房経費の節減とセルフクリーニングによる美観の保持は建物の維持管理経費の削減に留まらず資産価値の低下を抑制することに繋がる。
懸案であった小規模建築物に打放しコンクリート意匠を外装に供与、低コストで手軽に設計・施工が可能となった。従来なかった外装用建材分野に打放し意匠ボードを提供、外断熱とセルフクリーニングの二つの環境対応機能は将来建築物の外装には必需化されるものと思われる。

次回は、光アライアンス2005年3月号製品技術紹介「ノンクリート打放しボード外装用断熱タイプ」をお送りします。

さて、この年の重大ニュース、2月7日、愛知県常滑市に中部新国際空港(通称セントレア)が開港しました。 常滑市沖を埋め立てた海上空港ですが、社長がトヨタグループ企業の社長だったこともあり、通称「トヨタ空港」とも呼ばれています。

それでは次回をお楽しみに!

打放しコンクリートについてもう少し詳しく知りたい方はこちらへどうぞ!
[PR]
by pikayoshi72 | 2009-11-09 07:00 | ブログ


<< 「打放しコンクリートと共に」 ... 「打放しコンクリートと共に」 ... >>