第十一話 打放しボード作りあれこれ

 小規模の打放しコンクリート、出来上がってみれば極めて簡素で誰でも簡単に出来そうなもの。
ところが出来上がるまでに費やすエネルギーは携わった人でなければ分からないところ。
こんな簡易な造形が、多くの人々の共感を呼びつつもかくされた数々の労苦の成果が未だ正しく評価されないところが摩訶不思議。
この日の目を見ない困苦痢吐(コンクリート)。
この困苦の造形プロセスを気楽プロセスへ、がボード発想の原点!

 本物を醸し出す人造大理石、陶器に勝るプラスチック設備製品など、コストと耐久性など勝るとも劣らないものばかり、これらみな工場生産。
打放しコンクリートもこの発想を拝借ということでスタート。
取り敢えず外装と内装に的を絞り基材のボード選定から開始。
続いて打放しコンクリートの生命である表面の意匠性、30~40年前までは杉板が主流。
その後、時代の変転で台頭してきた廃棄物問題、続いて地球資源の保護へと変転、杉板からベニヤ板へと合成材が主役を、間もなく現在の合成樹脂塗装合板が、打放しコンクリートに最も相応しいものとして君臨、現在の代表的な意匠として馴染まれています。
あ!忘れていました。
鉄道や高速道路の高架、あの梁・柱は鋼製スチール型枠が主流です。
つまり合計四種の意匠となります。

 建物の内外装を打放しコンクリート調にするための条件、先ず基材であるボードをコンクリートと見間違える様なものにすることです。
意匠性は木製型枠としました。
何故かって?言いますと、鉄製の型枠模様は金属特有の冷たさがあるためです。
これでボードの意匠は本実(ほんざね)と塗装合板によるデザインに決まり。

 さて、内外装ボードのうち、内装用についてお話を続けます。
内装では壁・天井などに多く使われています。
しかし、一般的には壁が圧倒的です。
生活空間の中で最も人肌に触れ、しかも室内を冷暖房することで密閉されるため、色々な汚れが壁について目立つようになります。
一番大事なことは、壁についた汚れを簡単に拭き取ることが出来ることです。
次は外装用打放しボード。
40年余り携わった打放しコンクリート建築現場、そこから生まれた仕上げ方法。
その改良生成された仕上げ技術の転用で、打放しボードが生まれました。
e0030813_7463240.jpg

内外装打放しボードをまとめてみますと、

その1、
・基材のボード本体に吸水防水性
・セメントを主体とした無機質+ポリマーをコーティング
・打放しコンクリートと同一サイズと同調意匠
・ 汚れが簡単に拭き取れる(内装用)
・フッ素樹脂防水による超耐久性防水(外装用)
噛み砕いていいますと、ボード表面を覆う色々な材料は打放しコンクリート仕上げで使う材料と同一のものですから、当然、表面はコンクリートそのものといった質感と感触があります。

その2、 打放し意匠の造形。
コンクリートの表面は一見灰色を呈していますが、斑模様が全体に拡がっています。
これが意匠性を醸し出しています。
しかも、その模様には同じものはありません。
言いかえれば自然を最も意識されたデザインと言えましょう。
打放しボード意匠の生成は、手馴れた職人さんの手によって作られます。
何故かって?
機械による意匠生成は、どうしても単一デザインの繰り返しとなりがち。

その3、 打放しコンクリートの意匠性、
その最もたるものが同じ表面を形成する意匠がないことです。
ものの価値は“同じものが世界に二つとない”こんなことを聞いたことがありませんか?
考え方によっては特異な建材といえますね。
忘れていました、このボードの正しい名称は「ノンクリート打放しボード」です。
内外装ボードは、今お話した様な今までにないいくつかの要素を備えた新建材です。

 次回は、打放し新建材についてもう少し詳しくご紹介します。
[PR]
by pikayoshi72 | 2005-09-26 07:48 | ブログ


<< 第十二話  ノンクリート打放しボード 第十話  ノンクリート打放しボ... >>