「ほっ」と。キャンペーン

「打放しコンクリートと共に」 その(72)

こんにちはpikayoshi72です。

 今回は月刊建築仕上技術1996年10月号、特集「打放しコンクリート仕上げに関する技術体系」を3回にわけご紹介します。
本日は第1回「1.はじめに」から「2.打放しコンクリート仕上げシステム(PEC21)」までご紹介します。
e0030813_7155383.jpg

1.はじめに
 『汚れる、冷たい、耐久性が低い、施工に神経を使う、メンテナンスが大変、コンパネ、剥離剤に変わった今も、ジャンカとクラックとコールドジョイントの恐怖に脅かされながら、建築家の心をとらえて離さない。
そして何故か日本的な空間表現を可能とする』この文章は日本建築学会「建築雑誌」92年2月号の扉に掲載されたものを抜粋引用したものである。
 残念ながら既に取り壊されてしまったアントニン・レーモンド(1924年)の霊南坂の家が、日本で最初の本格的な打放しコンクリート建築ではないかと言われている。これを契機に、その後、全国各地の公共建築物に打放しが採用され、1960年代には打放しコンクリート建築の全盛時代をもたらし今日に至った。しかし、この素朴で重厚感を合わせもつ打放しコンクリートの限りない魅力に反して、入念なコンクリート打設にも拘らず、脱型したコンクリート表層面には様々な不具合が生じ、仕上げを著しく阻害する要因となっている。
e0030813_7163389.jpg

 近年、打放しコンクリートの関心の高まりは仕上げ精度の向上と表層面の意匠性の維持保全に重点が置かれ、耐久性のある仕上げ技術が要求されている。
e0030813_7172949.jpg
 
e0030813_71893.jpg
 
 築後より始まる劣化現象は、予想外の速さで補修改修を招き、打放しコンクリートのランニングコストを押し上げる結果となっている。この様なことからメンテナンスを要しない高耐久性の仕上げ技術が強く求められている由縁である。

2.打放しコンクリート仕上げシステム(PEC21)
 打放しコンクリートのライフサイクルを設計・施工・維持保全に大別し、打放しコンクリートの生みの親、育ての親に係る21のキーポイントを抽出し、高品質・高耐久性の打放しコンクリート仕上げの実現を目指し、誕生から改修に至るライフサイクルを系統化し、竣工までをSTEP-1とし、築後の維持保全及び改修期をSTEP-2に分類、打放しコンクリート仕上げに係る問題点と対応技術を提起した。
 新築打放しコンクリートの仕上げを脱型からトップコートまで一貫性をもたせ、設計施工段階で予測不可能な表層面の現象やどうしても逃れることの出来ないジャンカや色ムラ、目違い、汚れや欠損などの発生に対し、予め予算的予防処置を講じ完璧な打放しコンクリート仕上げとするため合理的且柔軟に対応可能とした仕上げ技術である。
 次に築後、経年劣化損傷する打放しコンクリート仕上げを美しく老いていくための維持保全と新築時の打放しコンクリートに甦らせる若返り技術、誕生から歴史を物語る老後まで長期にわたる保全管理の使命を果たす維持保全と改修技術をSTEP-2とし、STEP-1とドッキングし体系的に構築したものである。
 最初に新築打放しコンクリート仕上げをSTEP-1、次に築後の維持保全・改修技術をSTEP-2として打放しコンクリート仕上げのLC(ライフサイクル)をシステム対応図に基づいて述べる。
 なお、本稿は打放し仕上げに関する施工技術に焦点を絞り創成期より改修期に至る設計・施工に付随した諸問題は割愛する。

 次回は月刊建築仕上技術1996年10月号、特集「打放しコンクリート仕上げに関する技術体系」 第2回「3.打放しコンクリート仕上げシステム(PEC21)・STEP-1」をご紹介します。

 さてこの年の重大ニュース、集団食中毒病原性大腸菌「O-157」による集団食中毒が日本各地で発生し、患者は9000人を超え死者は11人にもおよびました。7月13日、大阪府堺市で学校給食が原因とみられる食中毒では女児が死亡、患者は5700人を超す被害になりました。

 それでは次回をお楽しみに!

 打放しコンクリートについてもう少し詳しく知りたい方はこちらへどうぞ!
[PR]
by pikayoshi72 | 2009-05-25 07:19 | ブログ


<< 「打放しコンクリートと共に」 ... 「打放しコンクリートと共に」 ... >>