「打放しコンクリートと共に」 その(68)

こんにちはpikayoshi72です。

今回は月刊PROOF1995年3月号、特集「打放しコンクリートの保護」、「事例から考える保護工法」を2回に分けご紹介します。
今回は後編「6.打放しの追跡調査と保護の現状」、「7.SEFシステムの登場」までをご紹介します。

6.打放しの追跡調査と保護の現状
 約15年程前から新旧施工物件の追跡調査を実施している。新築の打放しに係る劣化損傷は表層面の防水性の喪失を起因として,汚れの付着,鉄筋のかぶりコンクリートの厚さ不足ヶ所からの水分浸透,鉄筋の錆化と膨張圧によるひび割れやコンクリートの剥落がある。その他多種多様なひび割れとエフロレッセンスの流出固着である。
 経年劣化した打放しの再生工事後に発生する代表的なものにひび割れ補修後のバイパスクラックがある。クラックは再びエフロレッセンスの流出を促し汚損の元凶である。なお現在は動きに追従するひび割れ補修工法(グランドリフォーム)としてバイパスクラックの再発を抑制防止している。(写真3)
e0030813_7172184.jpg

 未だ打放しコンクリート建築の多くは,この様な劣化損傷に対し,長期に亘る保護機能が施されていないばかりでなく,築後1~2年で性能低下する簡易な揆水材による保護対策が現在に至るも主流である。
 仕上保護の重要性が指摘されながらも,その手法や耐久性については,30数年前の打放しコンクリート仕上と変わらず,再び劣化汚揖の繰り返しに無惨な姿へと変身しているのが現状である。
 打放しコンクリートの耐久性付与は,表面からの水分や炭酸ガス等の浸透を阻止することに尽きると言っても過言でない。

7.高耐久性保護工法打放しコンクリートSEFシステム(吉田工法)の登場
 簡単に新旧打放し現場からの劣化損傷とひび割れ補修を述べた。顕在化された各種の事例から学んだ高耐久性保護工法が打放しコンクリートSEF(セフ)システム(吉田工法)である。
e0030813_717397.jpg

 従来からの保護塗材は一長一短で,特に長期の耐久性については,保証の限りではない。
 最近,超耐久性付与仕上塗材として,フッ素樹脂系やアクリルシリコン樹脂系等があげられるが,打放しコンクリート素材の生命である生地の意匠性と質感を著しく阻害するヌレ・ムラが生ずるため着色して改善しているが,打放しの奏でる風情を変化させることがある。
 この様な意匠性と劣化損傷を抑制阻止し長期にわたり高耐久性を付与することを可能とした仕上工法がSEF(セフ)システム(吉田工法)である。(写真4)
e0030813_7172652.jpg

 打放しコンクリートSEF(セフ)システムの特徴は,打放しコンクリートの素材の質感を生かした高耐久性弾性樹脂仕上げである。今までのヌレ・ムラを追放した画期的な高度技術で,弾性樹脂のトップコートの表層防水と浸透性・弾性塗膜防水の異種3層の強靭な防水システムで構成されている。
 弾性樹脂の塗膜とNY-7090及びAシーラは,それぞれ耐酸・遮塩性能に優れた3重構造で,弾性樹脂の塗膜と弾性NY-7090を組み合わせることによりコンクリートの乾燥収縮によるひび割れに追従し水分や炭酸ガスを遮断,中性化阻止機能を合わせもった性能を有している。
 本工法は経年劣化した打放しコンクリートにも適用可能で,2タイプからなり,ニーズにあった選択ができる。フリーメンテナンスによる高い経済性と一貫した施工システムによる責任施工の多くの実績が工法の信頼性を高いものとしている。
 なお,一連の工法は打放しコンクリート仕上げの優秀な技術と認められ1993年日本建築仕上学会学会賞技術賞,中小企業優秀新技術新製品賞及び特許(9件)で構成されたものである。

次回は建築技術1995年10月号、特集「コンクリート工事/困ったときのノウハウ集」、「不具合が発生したときの対処」、「打放し仕上げの補修」をご紹介します。

さてこの年の重大ニュース、3月20日、東京都千代田区地下鉄霞ヶ関駅付近で猛毒の神経ガス「サリン」がまかれて、死者10人と5000人近い被害者が出ました。のちにオウム真理教の犯行とわかった。これが「サリン事件」です。

それでは次回をお楽しみに!

打放しコンクリートについてもう少し詳しく知りたい方はこちらへどうぞ!
[PR]
by pikayoshi72 | 2009-04-27 07:18 | ブログ


<< 「打放しコンクリートと共に」 ... 「打放しコンクリートと共に」 ... >>